借金の督促と時効援用

06-4797-5777から電話があったら?中央債権回収からなので対策しましょう

更新日:

「06-4797-5777」という見慣れない電話番号から着信があった人はたくさんいると思います。

この「06-4797-5777」は中央債権回収という会社の電話番号です。

ただ、この中央債権回収って会社に聞き覚えがある人はほとんどいないでしょう。

ただ、この電話番号から電話がかかってきている人は、おそらく借金があるはずです。

その場合、債権の回収会社にあなたの借金の権利が回ってしまったことになるので、弁護士相談するなどの対策が必要です。

なぜ、借金がある人にこの番号(0604975777)から電話が来るのか、なぜ弁護士に相談すべきなのか解説します。

中央債権回収から電話がかかってくる理由

聞いたことがない会社から電話があって「借金を返してください」という電話があったらそれは架空請求だと思われるかもしれません。

しかし、もしその番号が06-4797-5777ならそれは架空請求ではなく、真っ当な債権回収の電話なのです。電話しているのは「中央債権回収」という会社です。

 

知らない会社からの電話だからといって警察に相談しても何の解決にもなりません。警察は「民事不介入」だからです。

 

では、なぜ知らない会社から借金の督促の電話がかかってくるのでしょうか

それは自分が延滞等で支払っていない借金、例えばクレジットカードの利用代金やカードローンからの借金(クレジットカードの未払い分も含む)を、中央債権回収が買い取って回収業務をしているからなのです。

「なんで勝手に借金を買い取るんだ

クレジットカードやカードローンの契約約款には、契約不履行の場合、他社に債権(借金)を売却することが明記されています。よって、この行為は違法ではありません。

つまり、中央債権回収から電話があるということはクレジットカード等の延滞があるということなのです。

中央債権回収から電話があった場合の対処法

ただし、借金自体は存在しても、その金額が本当に正しいか、または本当に支払わなければならないものなのかは素人には調べようがありません。

例を挙げれば、時効で支払わなくてすむ場合や利息制限法を超える金額を請求されている場合があるのです。

では、どうすればよいのでしょうか。それは、中央債権回収から電話があった場合、弁護士に相談するのが最良の策です。

弁護士と相談して解決への道筋を図るのです。弁護士に依頼した場合の最大のメリットとして、自分への督促行為を完全に止めることができることが挙げられます。弁護士と中央債権回収との交渉にするのです。

中央債権回収まで借金が回っている場合は自力で返済できない可能性が高いので、弁護士に相談するのは有力な選択肢です。

弁護士なら、任意整理など裁判所が絡まないお手軽な手段で債権者と交渉して、借金を減額してくれるからです。

以下の法律事務所は、任意整理が最安値で行ってくれるので、ベストな選択肢だと思っています。
岡田法律事務所
関連記事:マンガで分かる任意整理

中央債権回収が直接訪問してくる場合

電話だけでなく、中央債権回収が直接自宅に訪問して借金回収する場合があります。

この時、訪問してきた中央債権回収の回収人と会ってしまったら、借金の督促を受けて時効の援用がやりにくくなります「関連記事:借金の踏み倒しと債務整理の違い。時効を利用すれば合法的に踏み倒せる?」。

だから、相手に会わないのが最善です。

回収人に会わないと、ポストなどに

  • 借金の金額
  • 本日の訪問した時間
  • 連絡して欲しい旨

などを記載した紙(簡単な書面)を置いていきます。

この紙を見て「連絡して欲しいって書いてあるから電話してみるか」って考えてしまったら、またアウトです。

時効がストップしてしまいます。

時効の援用を利用するためにも、まず弁護士に連絡してましょう。

中央債権回収の業務内容

中央債権回収とは「サービサー特措法」に基づく債権回収会社(サービサー)です。
経営母体を持たない独立系の債権回収会社です。主として以下の業務を行っています。

買取による債権の回収

様々な取引先より債権の買取を行っています。債権とは企業や個人に貸したお金で、クレジットカードの未払い金も含まれます。回収不能と判断された債権の回収を行なっているのです。

受託による債権の回収

債権を買い取らずに、委託を受けて債権の回収を行うのも業務の一つです。やみくもな回収はせず、債務者と相談して無理のない計画を作成し、自主的な判断を促します。回収業務に必要な債務者の居住地や資産の調査も、全国にネットワークがあるので行うことが可能です。

債権の売買の仲介

中央債権回収が債権を買い取らずに、金融機関の債権の売買の仲介業務をする場合もあります。仲介の際には、その妥当性や正当性を調査し、問題がないかどうかを第三者の目からアドバイスします。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

匿名で借金減額の相談先をシミュレーション「 借金相談カフェ」

 「借金相談カフェ」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、とりあえず自分に合った方法を調べたいって人は利用してみてください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-借金の督促と時効援用

Copyright© 債務整理ガルガル , 2018 All Rights Reserved.