借金問題の基礎知識

スルガ銀行や静銀でアパートローンを借りたが返せない・・・債務整理しよう

投稿日:

投資用の不動産を購入する時に使える不動産系ローンの1つである「アパートローン」。

不動産投資をしようと一念発起して借りてみたものの、返済に困って頭を抱えることも。

アパートローンは借り入れ額が大きめになるという困った特徴があります。

さらに、スルガ銀行や静岡銀行でアパートローンを借入していると、返済苦に陥りやすいという困った事情も。

スルガ銀行や静銀でアパートローンを借りると、なぜ返済で苦労しやすいのでしょう。アパートローンの返済に困った時の対策もあわせて解説します。

アパートローンとは?住宅ローンとの違いは何か

アパートローンの返済についてお話する前に、まずはアパートローンの基礎知識を明確にしておきましょう。

その方が、返済についての話が頭に入りやすいはずです。

アパートローンはどんなローンなのか

アパートローンは不動産投資用のローンです。

住宅ローンは、マイホーム購入のために使うローンになります。

対してアパートローンは、投資用の不動産を購入することを目的に借りるところが特徴です。

アパートローンは、投資目的なら、アパートの1棟の購入やマンションの1室の購入に関わらず使えるローンになります。

マイホーム用と投資用。同じ不動産系ローンでも、アパートローンと住宅ローンには大きな違いがあります。

アパートローンはスルガ銀行や静銀で扱っている

アパートローンは、スルガ銀行や静銀で扱っています。

住宅ローンはほとんどの金融機関で扱いがあります。

ですが、アパートローンは住宅ローンより扱っている金融機関が少な目です。なぜなら、住宅ローンより利用する人の数が少ないから。

住宅ローンはマイホーム購入のために、多くの人が利用します。

アパートローンは、「不動産投資しよう」という人が主な利用者になるため、住宅ローンより借入希望者の絶対数が少ないのです。

金融機関側も「不動産投資を実行する人より、マイホームを取得しようとする人の方が多いはず」と考えています。

だからこそ、アパートローンの扱いが住宅ローンより少ないという現状があるのです。

アパートローンではどれくらい借りられるの?

金融機関によって融資額の幅は異なりますが、一般的に融資額は住宅ローンより高額です。

たとえば、静銀は1億円ほど。スルガ銀行の場合は何と10億円までです。アパートローンでは、投資のためにアパートやマンションを1棟丸ごと買うこともあり得ます。だからこそ、ほとんどの金融機関では、億円単位で融資額を設定しているのです。

アパートローンの審査は住宅ローンの審査と違うのか

アパートローンにも審査があります。

アパートローンの審査では、借入希望者が返済できそうかどうかを審査されます。また、アパートローンを使って購入する投資用不動産が収益を生むかという点も審査されることになります。

住宅ローンの審査と大きく異なるポイントは、「収益」という点でしょうか。

住宅ローンはマイホーム購入のためのローンです。マイホームが収益を生むかどうかは関係ありませんよね。アパートローンは投資用不動産のローンだからこそ、その投資用不動産もチェックポイントになるのです。

スルガ銀行や静銀のアパートローンが危ない理由

アパートローンの審査は、「投資用不動産が収益を生むかどうかもチェックポイント」になる。アパートローンの「融資額は住宅ローンより大き目」。「億単位」で設定されている。以上のポイントを踏まえて、話を進めます。

スルガ銀行と静銀は、3つの注意点からリスクの高いアパートローンだと言われます。リスクが高いということは、それだけ返済苦に陥る可能性が高いということです。

・金利が高すぎる

スルガ銀行と静銀のアパートローンの注意点の1つ目は、金利。アパートローンの金利が高すぎるのです。

特にスルガ銀行のアパートローンの金利の高さは有名。スルガ銀行のアパートローンの金利は、原則的に4.5%からになります。

たとえば、スルガ銀行のアパートローンで融資を受けたとしましょう。

4.5%で単純計算した場合、1年で大体これだけの金利が発生します。

元本 1年間の金利 20年複利の金利
1000万円 45万円 108万円
5000万円 225万円 542万円
1億円 450万円 1085万円
2億円 900万円 2170万円

借入金額によっては、一軒家を買えてしまうくらいの金利です。

一般的なローンの中で比較的高額の融資を受ける住宅ローンの場合は、金利平均が1%~2.5%くらいであることを考えると、アパートローンの高金利がよくわかります。

高金利を思われがちなカードローンでも、金利の最低水準は3%くらいのものもあります。

住宅ローンとカードローンを比較すると、カードローンの融資額が小さいため金利が高めに設定されています。

住宅ローンとアパートローンを比較すると、住宅ローンの方が融資額は小さめなのですが、金利はアパートローンの方が高めです。

金利の高さは、返済苦に直結します。

物件評価が甘く質の低い不動産にも融資する

アパートローンの審査では、融資によって購入する投資用不動産の収益性もチェックポイントになるという話をしました。

収益性の算出は、金融機関によって違います。厳しい金融機関もあれば、甘い金融機関もあるという現状です。

スルガ銀行と静銀は、甘め。「審査が甘ければ、どんどん融資してくれる。良いことではないか」と思うかもしれません。

果たしてそうでしょうか。

物件の評価を甘く見積もって判断しているということは、借入する側のリスクも甘く考えているということです。

審査が甘めのローンは、将来的に回収できないことを見越し、金利が高めに設定されるという規則性もあります。

物件評価を甘くする。借入側のリスクも甘く考える。回収できない可能性が高いと考えて金利を高く設定している。返済苦に繋がる悪循環です。

サラリーマンの本業で返済させようとする

アパートローンの返済は、不動産収益から行うことが基本です。

儲からない投資をして、自分の所得からローンの返済をしたい人なんていませんよね。

スルガ銀行や静銀のアパートローンは、物件評価が甘めなので「審査に通って融資してもらったら、収益が出なかった」ということが容易に起こります。

不動産で収益が出ていなければ、サラリーマンの本業で返済することになってしまいます。

これじゃ何のために不動産投資を始めたかわからないですよね。

一生スルガ銀行の高金利を払い続けるだけの人生になります。

不動産投資に失敗したらどうしたらいいの?アパートローン返済対策

スルガ銀行と静銀のアパートローンを借りたが返せない。こんな時はどうすればいいのでしょうか。方法は3つあります。

まずは物件売却で借金を減らす

ローンの残った物件を売却する方法があります。

任意売却という方法です。

任意売却は、ローンなどが残っている不動産を、金融機関に話を通した上で任意(債務者の意思)で売却する方法になります。

基本的に、普通に売買する場合は「ローンが残っているとダメ」「不動産の抵当権を外してください」と言われるはずです。

しかし任意売却を使えば、ローンが残ったまま売却することができます。

不動産を売却したお金を返済に充てることもできるため、アパートローンの返済に困った時に検討したい方法の1つです。

銀行に金利の減免を交渉しよう

アパートローンの借入先の金融機関に金利の交渉をすることも返済対策の1つです。

金利が少なくなれば、返済しなければならない総額も小さくなります。

返済で苦労するなら、返済総額を交渉の上で少なくする努力も重要です。

誠意を持って交渉すれば、金融機関側が金利の減免などの措置を取ってくれる可能性があります。

アパートローンの返済に困ったら、迅速に借入先の金融機関に交渉しましょう。

交渉の際は、弁護士などに力添えしてもらうことも有効な解決策になります。

自己破産もあり

アパートローンの返済に困ったら、自己破産を検討することも重要です。

アパートローンは融資額が大きめのローン。

だからこそ、返済に困ってからあらためて返済計画を練っても、なかなか打開策が浮かばない可能性があります。

額が大きいからこそ、返済計画が難しいのです。

良い返済計画がない時は、弁護士に相談した上で自己破産することも1つの方法です。

弁護士に相談する時は、なぜ返済が難しいかの理由もはっきり伝えるようにしましょう。

投資用不動産の収益が乏しかったなど、返済が苦しい理由を伝えることによって、より適切な解決策が見つかるかもしれないからです。

まとめ

アパートローンは投資用不動産の購入に使えるローンです。

アパートローンを扱っている金融機関はいくつかあり、中でもスルガ銀行や静銀は審査において甘めであると言われます。

多くの金融機関が1カ月単位の時間を使って対象になる不動産の収益性などをチェックするのに、スルガ銀行などは僅か数日で「融資しますよ」という返事が届くことも・・・。

甘めの審査の代償が、高めに設定された金利です。

金利を高くすることで、回収が難しくなった時の保険にしていると考えれば分かりやすいはず。

金利が高めと言うことは、返済総額も膨らむことになり、「借りたが返せない」という事態に繋がりやすくなります。

返済に困った時は、3つの方法を検討しましょう。自分にあった方法が分からないという人は、早めに弁護士などの専門家に相談することが重要です。

ローンも「借金」。借金で首が回らなくなる前に、適切な方法で解決してしまいましょう。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-借金問題の基礎知識

Copyright© 債務整理ガルガル , 2019 All Rights Reserved.