債務整理で借金返済をお助け

債務整理ガルガル

*

自己破産

自己破産の費用は?破産方法によって違うが同時廃止が最安

更新日:

借金でどうにもならなくなった人が自己破産を行うわけですが、その自己破産もタダではありません

自己破産は法律上の手続きなので、裁判所に支払うお金がかかります。それと弁護士にも依頼する必要があるので、弁護士費用も別途かかります。

自己破産にかかる費用をまとめます。

自己破産って結構高いイメージがあるけどどうなんだろ?
任意整理より高いけど、個人再生より安いんじゃないかな?
え、個人再生を担当する私の立場は・・・
自己破産費用は分割対応できるので、あまり心配しなくていいですよ。そもそもお金が全くない!収入もない!っていう人が利用するのが自己破産なので

自己破産の種類

自己破産は以下の3種類に分類されます。

  • 同時廃止
  • 管財管財
  • 少額管財

ざっくりイメージで掴んでもらうため、下の表をご覧ください。

自己破産の種類

一番右の同時廃止が、最もシンプルなものなので、ここから解説します。

ほとんどの人が同時廃止を利用するので、ここだけ見てもらっても良いくらいかもしれません。

ただ、家を持っていたり、20万以上の車などの財産を持っていたりすると、管財事件や少額管財になるので、なるべく全部見てくださいね。

自己破産を同時廃止で行う場合

同時廃止とは

自己破産にはいくつか種類がありますが、そのうち最も簡単な手続きが同時廃止です。

同時廃止は、借金だけあった、(価値がある)資産を持っていない人が行う手続きです。

資産を処分する必要がないので手続きが簡単なのですね。

また、手続き的にも簡単なので自己破産が認められて借金が免責になるまでの期間が短いというメリットがあります。

最もメジャーな自己破産方法で、9割程度がこの同時廃止になります。

同時廃止の費用

収入印紙代:1,500円(破産申し立てと免責申し立てに必要)

切手代(予納郵券代):3,000円~15,000円(借金の額によって異なる)

予納金:10,000円~30,000円

弁護士費用:約27万円

総額:約30万円(分割で支払い可能)

同時廃止の費用は、予納金が1万円~3万年程度と安いことが特徴です。これが少額管財事件だと最低20万円、管財事件だと50万円必要です。

こうしてみるととても安いですね。

同時廃止は裁判所関連の費用がほとんどかかっていないので、ものすごく安いです
個人再生より手続きがシンプルだから安いのか

また弁護士費用も約27万円と安く、管財事件の場合35万円程度かかります。

自己破産を管財事件で行う場合

管財事件とは

自己破産を行うときに資産が残っていた場合にとる手続きです。

資産を持っているけど、借金が多すぎて自己破産するしか無いってパターンですね。

この場合、管財事件というだけあって管財人を裁判所が選定するため、費用がかさみます。

選定された(この自己破産案件を任された)管財人は、自己破産申告した人の財産を調査して、お金に換金(換価)します。

自己破産する段階では、ほとんどの人が資産を持っていないので管財事件は少ないです。費用総額は管財人への報酬などで、膨らみがちです

個人事業主の方や会社(法人)が自己破産する場合は、商売に使う道具(設備)などを持っていることが多いので、管財事件で対応することがあります

管財事件に係る費用

収入印紙代:1,500円(破産申し立てと免責申し立てに必要)

切手代(予納郵券代):3,000円~15,000円(借金の額によって異なる)

予納金:最低50万円

弁護士費用:約35万円

費用総額:約90万円

予納金が同時廃止の場合と比べて跳ね上がっていますね。

弁護士費用も約10万円アップです。

出来れば同時廃止で行きたいです

 

少額管財事件での同時廃止

少額管財事件とは

少額管財事件とは、管財事件に少し似ています。

少額管財事件とは、管財事件は管財人が自己破産者の調査を行うのに対して、少額管財事件は自己破産者の弁護士が管財人に協力することで、費用を抑えようという仕組みです。

管財事件:管財人が単独で調査

少額管財事件:管財人に弁護士が協力

管財人に弁護士が協力することで、裁判所に払う費用が大幅に減少して20万円程度になります。管財事件だと50万円なのでこれは大きなメリットですね。

少額管財事件にするためには、弁護士さんの協力が必要なため、弁護士事務所に相談しましょう。

 

自己破産費用が心配な人へ

自己破産を考えている人はお金がなくて借金があります。そのため、自己破産の費用が足らなくなることはごく普通のことです。

そういう人でも、自己破産はできるように制度上設計されています。無職の人なども費用が心配だと思いますが、自己破産は収入が無い人向けの制度なので、利用する方法は必ずあります。

安心して弁護士さんに相談していいのです。

そのため、弁護士事務所も着手金を取らないところを選んだ方が良いでしょう。

生活保護者でも自己破産ができるくらいなので、お金がなくても自己破産はできます。

困ったら弁護士さんに相談しましょう。

自己破産費用は借りられる?

お金が無くて自己破産したい人は、費用を借りたいって人もいると思います。

はたして、借り入れたお金で自己破産は出来るのでしょうか?

現実的には、自己破産のためにお金を貸してくれって言っても銀行など金融機関から相手にされません。

貸しても、自己破産されてしまっては、貸したお金は戻ってこなくなるので。

法テラスからの借り入れなどは可能ですが、費用は基本的に分割払いできるので、お金の心配はしなくて良いでしょう。

自己破産後、生活の再建ができる期間まで、支払いは待ってもらえますよ。

夫婦で自己破産する場合の費用は2倍?

最近では、住宅ローンを夫婦で連帯保証人になって借りるパターンが増えています。

男女間の収入格差がなくなってきているので、ペアローンなどの形態も増えてきていますね。

そうなると、自己破産も夫婦同時に行うケースが増えます。

果たして、夫婦で自己破産する場合、費用は2倍になるのでしょうか。

 

答えとしては、夫婦で自己破産すれば、二人分の手続きをすることになるので、2倍の費用が掛かります。

 

ただ、自己破産後の二人で協力して、分割した費用を支払っていけばよいので、独身者より断然返済は楽です。共同生活していれば、いろいろ切り詰められる部分は大きいので。

自己破産は自分で申し立てできるのか

お金がないため、自分で自己破産手続きをしようとする人がいます。

自分で自己破産をやろうとする場合、まず裁判所の破産係に相談することになります。

自分の地域を管轄している裁判所に電話連絡すると、破産係に案内されることになります。

その後、債務整理関連のビデオを裁判所で見せてもらって、自分で申し立て手続きをすることになります。

 

ただ、自己破産手続きは複雑(ミスが許されない書類を20種類ほど作成)なうえ、他の債権者とのトラブルも想定されるので、弁護士に頼む方が無難だと思います

自己破産を申し立てると、債権者側は何とか自分だけでも返済してもらおうとして、あなたから少しでも回収しようとします。その時、あいての圧力で少しでも返済してしまうと、偏頗返済になって自己破産が認められなくなる恐れがあります。

やはり、盾になって守ってくれる法律家(弁護士、司法書士)の存在は必要でしょう。もし、あなたが2回目の自己破産なら、免責に至る条件が裁判所に厳しく見られるので、絶対に弁護士に依頼するようにしましょう。

自己破産のメリットとデメリット。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

シミュレーターで相談先を教えてくれる「街角法律相談所」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談がダメだったり、借入先が1社しかない場合は利用できません。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-自己破産

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.