債務整理で借金返済をお助け

債務整理ガルガル

*

任意整理

任意整理とは自己破産や個人再生と何が違うの?メリットとデメリットを解説。

更新日:

借金が不安!

いくら返済しても借金の利息ばかりを返すだけで、元本がいつまでたっても減らない!

そんな人がなんとか借金を減額する方法を求めて、このページにアクセスしているのではないでしょうか?

ここでは、借金を法的に減額する債務整理の方法として、任意整理に関して基本知識を詳しく解説します。

任意整理で借金を減らすための知識はこのページだけですべて足りるので、ゆっくり読んで理解してくださいね。

任意整理とはなにか

任意整理とは、裁判所による手続きを通さない借金の減額方法です。
司法(裁判所)が絡まず、借金の当事者(貸し手、借り手)同士で話し合って解決するから任意整理というわけですね。

整理とは借金の整理であっで、その借金を減らして返済ができる状態にすることを目指します。

任意整理とは

  • 借金の借り手と貸し手が交渉して、借金の減額を行うこと

 

ちなみに任意整理はこのサイトでは私が担当します。 全身を見せるとこんな感じ

 

借金を切り取って減らす任意整理のイメージを表してます。全文私の会話調で行くと長くなりすぎるので地の文も使いながら説明します

任意整理では、整理して減らした借金を、分割で返済できるようになるため、借金の負担が軽くなります。

また、借金減額の交渉は、弁護士や司法書士など法律の専門家が行ってくれるため、借金がある本人の負担は軽いことが特徴です。裁判所が関与しないため、法廷に出なくてもよいのもメリットです。

忙しい方は、まず任意整理で対応したいです、法廷に出なくて良いので。

今回は、任意整理の基礎知識を整理するために、任意整理のメリット、デメリットから見ていきます。その際に、他の借金減額方法である自己破産や個人再生との違いについても理解できるように進めていきます
あれ、私(個人再生)の出番もあるの?
まあ、債務整理の王道である自己破産は、任意整理の説明にも外せないでしょ

 

任意整理は借金が減るものの多少の返済は必要

任意整理は借金の返済が必要です。返済が必要といっても借金全額を返すようでは、整理する意味がありません。だから、借金の減額を目指します。

具体的には、債務者の代理人が、債権者(貸金業者)と交渉して、返済可能な範囲まで債務を圧縮することを目指します。

任意整理のメリット

自己破産が回避できる

借金返済を行う任意整理のメリットは自己破産を回避できるということです。

自己破産をしてしまうと

  • 破産による資格が失われてしまう職業につけなくなる(警備員、保険代理店など)
  • 自宅など生活に必要な資産が債権者に奪われてしまう
  • 再度、自己破産することが出来なくなってしまう

などのデメリットがあります。

自己破産の弱みね
任意整理は自己破産によるデメリットを回避しながら、借金を減らす方法と言えますね

自己破産よりブラックリスト期間が短い

自己破産や任意整理を行うと、金融機関から再び借金をできるようになるまでに時間が必要です。その期間をブラックリスト期間と呼びます。

任意整理の場合、自己破産と比べてブラックリスト期間が短いと言われています。完全に破産者になるわけではないので、金融機関の信用が一定保たれるわけです。特に日本は金融機関が過剰に存在するオーバーバンキングなので、貸せるチャンスがある人には金融機関も積極的に融資したい。

自己破産者と任意整理者では、後者に貸したくなるわけです。

ちなみに、自己破産の場合(官報情報の)保有期間が7年または10年になっています。

一方で、任意整理は5年です。

この7年(または10年)の自己破産と5年の任意整理の差が、ブラックリスト期間の短さ(2年から5年程度短い)になります。

自己破産は金融機関からめちゃくちゃキレられる・・・
任意整理も信用は傷つくのだけど、和解の形で借金減額しているので対応優しめ

携帯電話・スマホの利用にも悪影響市内のも良いですね。

任意整理は心理的な負担が軽い

自己破産をしてしまうと借金はなくなりますが、反対に貸し手(債権者)は大ダメージです。貸したお金がすべて返ってこなくなるわけですから。場合によっては、いつまでも恨まれます。

一方で、任意整理は話し合って借金を減らすので、両者の関係は比較的穏便です。この和解できたってことが、任意整理の心理的負担の軽さに繋がります。

 

借金が苦しくて仕方ないから任意整理するわけで、決して好んで踏み倒したいわけではないっていう債務者の気持ちに寄り添った制度と言えます。
自己破産は法廷手続きで、裁判所から一方的に通知するイメージなので、債権者との関係は壊れやすいですね
個人再生も給与所得者再生だと問答無用の債務カットなので、対立構造が明確化しやすいですね

借金の種類を問わず利用できる

自己破産には借金の種類によっては、ギャンブルの借金だったり、債権者をだまそうとした借金などと認定された場合はなどは、免責してもらえない場合があります(免責不許可自由)。

しかし、任意整理では、ギャンブルの借金だろうとなんだろうと、債権者との交渉によって整理できてしまいます。

FXや株式投資などの借金も自己破産が認められにくい性質があるので、任意整理で解決したい問題ですね。

 

利息の支払いが減る

債務整理によって将来の支払う利息が免除されます。また完全に免除されなくても、一部減額(減免)されることで、借金はかなり減ることになります。

それは、任意整理の場合、最終的に「利息の免除」という形で和解契約を結ぶという解決方法がもっとも多いからです。

ここで免除してもらえる利息は「過去に発生して未払いになっている利息や遅延損害金」だけではなく、「将来的に発生する予定の利息」も含まれます。

つまり、任意整理後には「無利息の借金」に変更してもらえるということですね。

借金が無利息であれば、毎月返済するお金はすべて元本の返済に充てることができます。

返済をすれば、返済した分だけ借金残高がどんどん減っていくことになりますので、借金完済までの道のりを大幅に短縮することができますよ。

この利息が無くなる効果っていうのは、皆さんが思っている以上に大きいです。借金の利息が12%だとしとしたら、3年分割で36%も支払いが減るので、多少弁護士費用を払っても圧倒的に任意整理すべきです

 

債務整理をする人って金利の支払いばかりで、元本が減らせないって人が多いから、かなり有効ですね

家や車を残したまま借金が減らせる

任意整理は民事上の和解なので、自己破産と違って、整理する債務と返済する債務を選ぶことが出来ます。

自己破産:すべての債務(債権者)を平等に扱わなければならない

任意整理:一部の債務(債権者)とだけ交渉することが出来る

そのため、債務整理を行っても住宅を残すことが出来ます

 

家や車などの資産を残したまま借金を整理できるのは個人再生も同じです。

しかし、個人再生は任意整理と違って裁判所を通さなくていけない仕組みになっているので、任意整理とは取り組みやすさがだいぶ違います。

また個人再生は借金額が100万円から200万円までの場合、債務整理が不利になってしまうという性質があります(詳しくは個人再生の費用をご覧ください)

借金額が100万円以上200万円未満くらいの時は任意整理(私)を使ってね
個人再生(私)の出番は、700万円とかもっと借金が膨らんだときさ

任意整理のデメリット

 

一部の借金返済が必要

デメリットはあまりないのですが、借金が減るとはいえ、一部は借金を返済しなければならないというのがデメリットになります。自己破産や個人再生と比較すると、債務を減額させる効果が低いと言えるでしょう。

結局は残りの借金を返済しなければならないので、一定の収入(資力)が必要になります。

任意整理の弱点は

  • 債務整理後に借金は返していかなければならないこと
  • 借金を減らせる幅が自己破産より小さいこと

ブラックリスト期間がある

また、先ほど説明したブラックリスト期間によって、借金(借入)が5年間できなくなります(でも、自己破産の10年より短い)。

このブラックリスト期間は、銀行の借り入れも出来ないですし、クレジットカードも作れません。インプラントや美容整形などに使う医療(メディカル)ローンも組むことはできないです。

ただ、任意整理の対象外にしたカードは使えるので、クレジットカードが全面的に使えなくなるってわけではありません。

債権者が認めてくれなければ成立しない

任意整理は債権者と合意することで成立する制度なので、自分だけで完結するわけではなりません。
そのため、個人再生や自己破産のように、裁判所に認めて貰えば成立する、という単純さがありません。

債権者が認めてくれなければ成立しないという点は、デメリットになります。

自己破産は分かり易いですよ~裁判所が認めればOKなので
任意整理は交渉になってしまうのでシンプルさはないですね~でも裁判所が認めてくれないようなギャンブルの借金なども、債務整理できるって面もありますよ

時間がかかる

任意整理は債権者と折り合わなければならないため、交渉に時間がかかるわけです。
そのため、借金から解放されるのに時間がかかります。

しかし、任意整理は専門家(弁護士等)に依頼するため、こうした時間を専門家と一緒に借金の返済計画などを相談する時間に使えば、かえって有意義との考え方もあります。

任意整理の流れ

最後に任意整理の流れを説明します。

1.専門家(弁護士等)に依頼

任意整理は法律を駆使した高度な交渉であるため、素人である債務者(借金がある人)が出来るものではありません。そのため、法律の専門家に依頼することになります。

法律の専門家とは、弁護士や司法書士ですね。

2.専門家が介入した旨を債務者に知らせる

弁護士等の専門家に依頼したら、弁護士は債務者(貸金業者)に受任した旨を知らせます。これを介入(受任)通知書兼債務調査票の発送と言います。

専門家が介入してくれて、味方になってくれるって意味で心強いですね。

3.債務額の確定

弁護士や司法書士が債務者と連絡を取って、債務額を確定します。その場合、金利は利息制限法の基準に沿って計算されますので、それを超える金利で借金があった場合は、借金が減ります。債務額を確定する作業だけで、借金が減る可能性があるのです。

4.過払い金の回収

俗にいうグレーゾーン金利など利息制限法を超えた金利で貸し出された金利は返還されます。過払い金分が借金の減少になるわけですね。この金利の再計算は任意整理における借金減額の大きな武器の一つです。

5.和解交渉、和解契約の締結

法律の専門家が、貸金業者と和解交渉を行います。その結果に基づいて、和解契約が締結され、借金の減額、返済の分割方法などが確定します。

このようにして、任意整理は進んでいきます。

借金の減額方法として、ぜひ活用してみてください。

借金を返さなくてもよい任意整理があるの

任意整理は借金の返済が必要だと述べてきました。

しかし、一部には借金の返済が必要ない形態の任意整理があります。

実は任意整理には、

  • 返済が必要な任意整理(借金弁済を要する)
  • 返済が必要ない任意整理(借金弁済を要しない)

の2つがあるわけですね。

ただし、弁済を要しない任意整理については、消滅時効の利用(援用)や相続放棄など借金返済のテーマとは違うテーマなのです。

そのため今回は触れませんでしたが、法律書などで任意整理を学んだ人は、借金の返済がいらない任意整理があるのでは?と混乱するかもしれないので、念のため軽く触れています。

 

任意整理は弁護士を使わず自分でできるか?

ここまで、読んで、任意整理に興味を持った人は、「自分で任意整理やったら、弁護士費用が抑えらるかも」なんて、思うかも知れません。

しかし、当サイトでは、自分での任意整理はお勧めしません。

交渉のプロである金融機関に丸め込まれることが、目に見えているからです。

関連記事:任意整理は自分でできるのか?

自分で債権者と交渉しなくてはいけないって課題は特定調停と一緒なんですよね。特定調停のデメリットと同じ状況になって債権者サイドの弁護士に丸め込まれるだけなので、弁護士か司法書士など専門家に依頼した方が良いです。

実際の過程は任意整理の体験談がありますのでご確認ください。

弁護士に頼めば、受任通知で借金の督促が止まる

また、弁護士が引き受けると受任通知書を債務者に送ります。

この受任通知書を受け取った業者は、借金の回収を一旦止めなくてはいけません

債権者間の平等性のためですが、一旦借金返済の催促が止まるのは心理的に負担が軽くなります

実際に削減できる債務が大きいことや、手続きを法律のプロにやってもらえるという安心感を考えれば、弁護士費用は小さな問題です。

まず無料で相談できる法律事務所をご紹介します。借金の悩みがある人は、最初に支払う弁護士費用が負担ですので、それがゼロ円なのはとても助かります。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

シミュレーターで相談先を教えてくれる「街角法律相談所」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談がダメだったり、借入先が1社しかない場合は利用できません。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.