債務整理で借金返済をお助け

債務整理ガルガル

*

任意整理

住宅ローンを任意整理の対象から外せば家は残せる。車も同じ!

更新日:

債務整理したいけど、自宅は手放したくないって人は多いと思います。

そんな人は、任意整理の対象から住宅ローンを除くことで、自宅を残しながら借金が減らせます。

 

個人再生は持ち家を残せるためにある制度だよ。任意整理より個人再生でやるのが、スジじゃないの?
その通りなんだけど、個人再生は高額の裁判費用や利息や遅延損害金が免除されないって問題がありますよね
たしかに・・・

借金を整理しながら自宅やマイカーを手元に残す、そんな方法をまとめました。

 

家や車は手放したくないの債務整理

借金は減らしたい。でも、ローンが残っている家や車と取り上げられてしまったらって思うと、躊躇してしまうかも知れません。

住宅ローンには抵当権が設定されている

なぜ、家や車が取り上げられてしまうかといえば、住宅を建てるときに借り入れる資金である住宅ローンは、住宅や土地に抵当権が設定されているからです。

融資する銀行などの債権者は、万が一お金が返ってこなかった場合に備えて、融資の対象である住宅や自動車に担保をかけておきます。

それが抵当権であり、ローンの回収が出来なくなったとき、銀行等の債権者がお金の代わりに家や車を回収することになります。

債務整理をするということはローンを返さないということなので、ローンが残っていてその借金(ローン)を整理しようとすると、住宅や車は債権者に取り上げられてしまうことになります。

自動車ローンは車の所有権がないことが多い

自動車ローンで車を買った場合はそもそも購入者に車の所有権がない場合が多いです。

分割で支払いを行っている間は、車は信販会社やカーディーラーなどお金の貸し手のものになっているケースがほとんどです。

一括現金払いなら、いきなり自分の所有物にできるんですけどね。

そのため、ローンの支払いが滞れば、すぐに車は取り上げられます。

住宅のように抵当権を行使する必要すらありません。

家や車を残したままの任意整理

住宅は衣食住っていうくらい生きるための基本的な設備だし、自動車も地方などでは生活必需品です。思い入れのある自動車だったり、住宅を手元に残したまま借金を減らせないか?

実は任意整理では、家や車を残したまま借金を減らすことが出来るのです。

家を残したければ、住宅ローンだけの借金返済は続ける

住宅ローンを任意整理してしまうと、銀行は直ちに家や土地を差し押さえてきます。そして競売にかけられ、大事な家は安く買いたたかれてしまいます。競売では安い値段でしか売れないので、借金の返済にはあまり貢献しません。むしろ、家を失って、家賃を払い続ける負担の方が重くなってしまうかも知れません。

銀行に抵当権を行使されたら家は取り上げられます。だったら、行使させなければいい。住宅ローンの返済だけは続ければいいのです。

整理したい借金が選べるのが任意整理のメリット

住宅ローンだけ支払う、カーローンだけ支払う、反対に消費者金融からの借金は整理、みたいに整理したい借金だけを整理できるのが任意整理のメリットです。

自己破産では、普通は住宅や自動車は手放さざる負えません。

自己破産は「債権者平等の原則」により一部の債権者のみに返済することが出来ません。そのため、家や車を手元に残すことはできません。

しかし任意整理は、債権者と債務者の話し合いによる和解なので、さまざまなパターンがあり得ます。両社が納得すれば、どんな借金の整理・返済方法でも良いのです。そのため、住宅ローンのみ返済する、カーローンのみ返済することで、住宅や車を手元に残せます。

任意整理しながら住宅や自動車を残すために必要な健全な返済計画

では、任意整理なら絶対に住宅や車が手元に残せるのでしょうか?

残念ながらそうではありません。

毎月の借金の返済状況の具体例で見てみましょう。

消費者金融からの借金が多いAさんの場合

消費者金融から多額の借金を借り入れているAさんの月々の返済状況を見てみます。

収入:手取り25万円

生活費:5万円

借金返済:

消費者金融、15万円返済

・住宅ローン、5万円返済

消費者金融からの借金が非常に重いケースです。消費者金融で借り入れて、無駄遣いやギャンブルをしてしまった場合に陥りやすいケースです。

こういった借金のバランスなら、消費者金融からの借金を減らせれば、生活費と住宅ローンは少額なので、健全な返済計画が立てられます。

住宅や車を残したまま、任意整理ができそうです。

住宅の返済ローンが大変なBさんの場合

住宅ローンに多額の返済を行っているBさんの月々の返済状況を見てみます。

収入:手取り25万円

生活費:5万円

借金返済:

・消費者金融、3万円返済

・住宅ローン、18万円返済

住宅ローンへの返済負担が重いケースです。

高級な住宅を無理して買ってしまった場合などのケースです。
こういった借金のバランスである場合、住宅ローンの返済は返済計画の基盤(もっとも重要)になるものです。そのため、住宅ローンをそのままにして、任意整理を行っても、健全な返済計画とは言えません。最も重い住宅ローンの返済がそのまま残ってしまっているのですから。

この場合は自宅を残したまま、任意整理を行うのは難しいでしょう。

任意整理で一旦家を手放すと、再度住宅ローンを組むのは難しい

任意整理で一旦住宅を取り上げられたとしましょう。

その場合、借金の返済が落ち着いて、再び住宅を購入しようと思ってもなかなか思うように、ローンが組めません。

それは、任意整理を行うと日本信用情報機関(JICC)などの信用機関のブラック扱いになるからです。これは自己記録と言って5年間は残ってしまいます。

すぐにローンが組めないのは厳しいですね。

また、任意整理を行ったら、債権者の社内の非公式リストでブラック扱いされるため、同じ業者からもう一度ローンを組むのが難しくなります。

これは自己破産で住宅を取り上げられたらもっと悲惨で、なんと10年はローンを組めず、いわゆる喪が明けません。

そのため、できるだけ住宅を残す方向の任意整理を模索しましょう

住宅ローン自体の任意整理の可能性

ここまでご覧いただいた方は、住宅ローン自体を任意整理することで、返済期間を延ばしてもらったり、返済額を減額してもらったりすることで、住宅ローンの負担を減らすことも出来るのではないか、と思うかも知れません。

これについては、まだ延滞が発生していない状況なら、一部の金融機関は検討してくれます。しかし、大半の金融機関は、住宅ローンという長期の貸し出しのリスクはコントロールしたいので、自行の審査基準に合わないとして取り合ってくれないとみるべきです。

もし、すでに延滞が長期間発生しているような状況でしたら、金融機関は期限の利益の喪失を主張し、一括返済を主張するので任意整理は難しいです。

そのため、こうした事態に陥る前に、住宅ローン以外の債券を任意整理することが、住宅を手元に残すコツです。

個人再生でも住宅は残せるが、使いにくさもある

また個人再生の住宅特別条項を利用すれば住宅を残したまま借金を整理することもできます。個人再生は任意整理と違って官報に載ってしまいますが、場合によって有力な選択肢となるでしょう。

しかし、個人再生を使うことには、見逃せないでデメリットがあることも事実です。

 

個人再生は住宅を手元に残しながら債務整理するために始まった制度ですが、住宅資金貸付債権に関する特則は「住宅ローン以外の抵当権が住宅についていてはならない、など」要件がかなり厳しいです。

また、多重債務者の人は住宅ローンを遅延している場合が多いですが、個人再生は利息や遅延損害金が減免されないので、債務整理後も厳しい返済が続く可能性があります。

そのため、ご自分の状況を考えながら、任意整理で住宅を残す方法も検討してみてください。

任意整理で借金を減らすために、おすすめの弁護士事務所。

債務整理を専門に取り扱っている弁護士事務所に相談しないと、断られるケースもあります。

また、弁護士さんの交渉力で債務の削減幅も変わってくるので、債務整理を行う経験豊富な弁護士事務所を選びましょう。

 

東京ロータス法律事務所

借金問題を解決する専門の弁護士事務所で、全国どこでも対応してくれます。

任意整理の経験が豊富で案件数も多いため、1件2万円程度と格安でやってくれます。
岡田法律事務所

 

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

シミュレーターで相談先を教えてくれる「街角法律相談所」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談がダメだったり、借入先が1社しかない場合は利用できません。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.