借金問題の基礎知識

クレジットカードの現金化は危険!メルカリやヤフオクも要注意!こまったら任意整理で!

投稿日:

クレジットカードの現金化は、お金が借りれなくなった人が最初に考える手段です。

しかし、クレカの現金化は自己破産も出来なくなるなど極めて危険な行為です。

現金化にかかわる問題をまとめました。

クレジットカード現金化は違法行為?

クレジットカード現金化は、「クレジットカード現金化の専門業者が、顧客(消費者)に対してクレジットカードで何らかの商品を購入させ、その代金よりも低い金額で買い取ることで顧客は現金を手に入れる」という仕組みです。

多重債務で消費者金融からお金が借りられない人や、即日お金が必要な人に利用される取引行為です。

クレジットカード現金化は違法行為ではありません。実際に取引をしたからと言って、逮捕されたり罰金を科せられたりといったリスクはありません。

ただし、違法な業者が存在します。

「法外な手数料やキャンセル料を要求してくる」、「実際の購入代金よりも異常に低い現金を渡す」といった業者が少なからずいます。

こうした違法業者は闇金とつながっていることも多いため、ひどい場合は個人情報を闇金に流されるケースもあります。

クレジットカード現金化で借金すると自己破産できない

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、法的に限りなくグレーな取引行為です。

仮にクレジットカード現金化で多額の借金をした場合、社会のセーフティネットでは助けられない可能性があります。

たとえば、借金を免責する自己破産は原則できません。クレジットカード現金化で作った借金は、破産法の免責不許可事由に該当する可能性があるためです。

免責不許可事由とは、自己破産の申請者の借金免責が許可されないいくつかの事由のことです。

事由には、ギャンブルや不要な買い物、スマホゲームの課金など、賭博や浪費といった行為で作った借金が該当します。

クレジットカード現金化で作った借金が、免責不許可事由に該当する理由は以下の3つです。

○クレジットカード本来の使い方をせず、不当に現金を手に入れているため
○裁判所が「カードの発行元の会社に不当に不利益を招く行為」と判断するため
○支払い能力がないにもかかわらずクレジットカードでの支払いをしているため

つまり「クレジット会社からお金を騙し取った」と判断されるということです。

消費者金融から借金すると「借金した履歴が残る」、「家族バレる」といったリスクがあることから、現金化を利用する人は多いです。

しかし自己破産ができなくなるという現金化のリスクは、消費者金融から借りることのリスクよりも大きいことは知っておきましょう。

ただし、現金化した経緯(個々の事情)によっては、裁量面積となり自己破産が認められる場合もあります。

たとえば、「どうしても生活のためのお金が足りなかった」、「闇金に脅されて行為に及んでしまった」といった事情の場合です。

任意整理なら和解できる可能性あり

自己破産はできなくても、任意整理ならクレジット会社との和解が成立できる場合もあります。

任意整理では元本のみの返済まで借金を減額できるため、債務者にとってはありがたい救済制度です。

またカード会社にとっても確実にお金を取り戻せる契約であるため、カード会社が任意整理に応じないケースは少ないと言われます。

ちなみに債務整理の1つである個人再生は、クレジットカード現金化が理由の場合、自己破産と同じく認められない可能性があります。

関連記事「任意整理の基本

クレジットカードの現金化は規約違反、ペナルティは?

現金化を明確に規制する法律はありませんが、クレジットカード会社から規約違反として厳しいペナルティを受ける場合があります。

カード会社は原則、現金を手に入れる目的でのショッピング枠の利用を認めていないからです。

カード会社は独自の会員規約を設けています。会社ごとに細かい文言は異なりますが、規約の内容はほとんど共通しています。

規約に該当する利用方法と判断されれば、以下のようなペナルティが科せられます。

強制解約

会員の取り消し、退会、一時停止といった措置が強制的に取られます。

たとえば、某大手のクレジットカード会社の規約には以下のように、ペナルティの対象となる事由が書かれています。

“換金を目的とした商品購入の疑いなど、会員のカードの利用状況が不適当若しくは不信があると当社が判断した場合”

クレジットカードの現金化を利用する人のほとんどは、借金返済に苦しむ人や収入がなく支払い能力がない人です。いち民間企業であるカード会社が、こうした規約を設けて回収のリスクを避けるのは当然のことです。

分割払いを一括請求される(期限の利益の喪失)

民法第136条1項では、「債務者は支払い期限が到来するまで債務の履行をしなくて良い」と定められています。

これは債務者の利益の1つです。

しかしクレジットカード現金化をした場合、カード会社の規約・事由に該当するため、この利益を損失することになります。

(=期限の利益の損失)具体的には、自分は分割で少しずつ支払うつもりであっても、強制的に一括請求が求められることになります。

この規約は強制解約と同じく、ほとんど全てのカード会社が設けているものです。

原則、カード会社が通知や催告なしに実行できるので強制性は強いと言えます。

メルカリの現金出品やヤフオクのsuica出品を買うのはOK?

最近は減っていますが、メルカリやヤフオクでは5万円分の現金や交通系ICカードを出品されていることがあります。

出品者は5万円数千円以上の価格で出品することにより、その差額を利益として得ることができます。

購入者にとっては、すぐにお金が手に入るメリットがあります。

これらの取引は、クレジットカードの現金化と同じ行為と認められます。

当然クレジットカード会社の規約にも違反する事由となるため、強制解約や期限の利益の損失といったペナルティの対象です。

また、メルカリやヤフオクも、独自に現金出品に対して一定の規制をかけています。規約違反に該当した場合は、出品商品の削除や強制退会などの措置が取られることになります。

結論として言えるのは、借金の返済に苦しんでもクレジットカード現金化は利用するべきではない、ということです。弁護士に相談して、任意整理や自己破産といった世間的に見て真っ当な手段で解決するべきでしょう。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「 街角相談所-法律」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用不可、借入先が1社しかない人も利用できません。

逆に言えば、2社以上からお金を借りている多重債務者の方は、借金を大幅減額するチャンスです。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-借金問題の基礎知識

Copyright© 債務整理ガルガル , 2018 All Rights Reserved.