家族の借金

隠していた旦那の借金が発覚した!解決にはどうすべき?

投稿日:

ある日突然、旦那の借金が発覚した!という出来事は決して珍しいことではありません。

旦那に知らされた借金額があまりにも高額であった場合は、信じていたがゆえに直面したショックは果てしなく大きいものです。

関連記事:旦那の借金を調べる方法

途方に暮れてしまうかもしれませんが、どうにかして解決するしか方法はありません。

また、サラ金や銀行等から催促のハガキが届いたことがキッカケで旦那の借金を知ったというケースも多いですが、そのまま何も言わずにズルズルと引きずっていても借金が膨らんでしまうだけです。旦那に切り出すタイミングは借金の事実を知ったそのときです。

そこでこの項目では、旦那の借金が発覚したときに取るべき行動や有効な方法など、解決に向けての手段について解説していきます。

まず借金の内容を把握

借金を解決するには、何社からどれだけの金額を借りているのか、総額でいくらになるのかなど、借金の内容を把握しておくということは、借金解決はもちろんこの先奥さんが対応すべき行動を慎重に考えるという意味合いもあります。

金額、借入先を確認

旦那が全て正直に打ち明けることもありますが、少しでも小さな借金であると思わせるために嘘をつくこともあります。

もし、借入先が少なく、どこから借りているのかを正確に特定できる場合は、請求書や領収書から計算することで借金額を確認することもできます。

また、直接借入先に取引履歴開示請求を行うことで取引きの内容が記載された記録を取り寄せることができますが、これは利息制限法で引き直し計算していないものが開示されますので注意が必要です。

いずれにしても、利息等もありますので今現在借金の詳細がどうなっているのかまでは本人でも把握していないケースも多々あります。借入先も金額もうやむやになっている場合に正確な借金額と借入先を確認するには、信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。

信用情報機関には、全国銀行個人信用情報センター(KSC)と日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)の3機関がありますが、信用情報の開示請求はインターネットで行えますし、手数料は1機関1,000円ですので簡単に借金額と借入先の詳細を知ることができます。

住宅などを担保に入れてないか確認

住宅や土地などの不動産を担保にお金を借りる場合は、不動産担保ローンを利用することになりますが、基本的に、ローンが残っている不動産には「抵当権」が設定されています。

抵当権とは、金融機関から住宅ローンを借りるときに、借りたお金を確実に返済しますという証に提供する担保です。

抵当権には順位があり、住宅ローンを貸した金融機関が1番、抵当権がある不動産を担保にお金を貸すものが2番ということになり、不動産担保ローンを利用すると借入先の金融機関や消費者金融に抵当権が設定されることになります。

旦那が住宅などを担保に入れていないかを確認する方法は、「登記簿謄本(登記事項証明書)」を見ることで分かります。

登記簿謄本には、「抵当権者(住宅の債権者)」「抵当権設定者(不動産担保ローンの場合は銀行や信用金庫等の保証会社)」「債務者(旦那など)」が記載されており、住宅を担保にお金を借りている場合は、抵当権設定の欄にいつ作った借金なのか、借金額や利息、借入先の保証会社まで詳細に載っていますので簡単に確認することができます。

登記簿謄本の取得方法は以下の3種類があります。

登記簿謄本の取得方法

法務局で不動産用の登記簿謄本・登記事項証明書 交付請求書に記入して窓口で交付請求。

郵送による交付請求。

パソコンなどからオンラインで交付請求。

 

登記事項証明書を取得するには、不動産の所在地番、屋号番号、会社・法人の場合は称号を覚えておく必要がありますが、必要なものは手数料以外とくにありませんので簡単です。手数料は、土地と建物それぞれに必要になりますので1通600円×2=1,200円が取得費用となります。

最後の借り入れ時期を確認

旦那の借金が発覚した場合は、最後の借り入れ時期を確認しておくことも大切です。その方法は返済明細書や請求書を確認することで取引金額や元金、利息、次回返済日、次回返済額、最終取引残高など詳細に記載されています。

借金の返済状況を確かめる

返済明細書や請求書を処分している場合や隠していた見せない場合、紛失している場合は借金の返済状況を確認することができません。

この場合は借入先の金融機関等に取引履歴開示請求を行う必要がありますが、原則として取引履歴開示請求は借入者本人が行う必要がありますので、いずれにしても本人の協力が必要になります。

もう内緒の借金をされないようにするには

現在の借金を解決することも重要ですが、この先旦那が同じ過ちを繰り返さないようにすることが本当の意味の解決です。書面等で約束するだけではなく、今後一切、内緒の借金は作らないという強い意思を持たせることが重要です。

自分の親、旦那の両親に言う

自分の親や旦那の両親に知らない間に借金を作っていた事実を詳細に報告することで、かなりのプレッシャーを与えることができますので、この先内緒で借金を作る可能性は低くなります。

しかし、親や両親に言われることを異常に嫌がる旦那さんも多く存在します。

言いつけやがってと逆恨みすることが無いとも言い切れませんので、この点に関してはケースバイケースでいきましょう。

小遣いを減らして返済

自発的に小遣いから返済する旦那さんの方が多いと思いますが、そうでないこともあります。

自分の欲のために勝手に作った借金を奥さんや親、両親が肩代わりする必要は一切ありません。たとえ、可哀想などと思っても必ず本人に腹を切ってもらうようにしてください。

しかし、借金全額を小遣いから返済するとなると5年以上かかってしまうこともありますので、今後借金しないことと小遣いを減らすことを条件に、ある程度なら協力してあげても損はありません。

公正証書を利用する

口約束や紙に書いてもらった約束はその場限りの約束にすぎない。

時間が過ぎれば忘れてしまう。

という不安をお持ちの方も多いと思います。

この先無断で借金を作らないことを公的に約束してもらうために公正証書を利用するというのも一つの手です。

公正証書とは、中立公正な立場である公証人(国の公務である公証事務を担う公務員)が作成する公文書であり、高い証拠と証明力があります。公正証書は、お近くの公証役場で作ってもらうことができます。

さらに公正証書は強制執行機能を持つ強い証書となりますので、約束を破ったときの違約罰を定めておくことで大きな効力を発揮します。

ギャンブル依存症なら治療が必要

もし旦那さんの借金の原因が、パチンコや競馬、競輪などギャンブルである場合は、ギャンブル依存症である可能性が高いです。

ギャンブル依存症はいわゆる「中毒」と呼ばれるように、専門家からも、いったん依存症のレベルに達してしまうと完全に治ることはないと言われています。

ギャンブル依存症に有効な薬物治療法はまだ存在していませんが、依存症専門病院や精神科のある病院で治療を続けることで回復することはできます。

どうしても返済できない額なら債務整理

旦那さんがつくった借金が数千万、億以上である場合は、どんなに生活を切りつめても返済するのはかなり厳しいです。

この場合は生活を犠牲にしてまで返さずに債務整理を選択した方がメリットは大きいです。

離婚という選択肢も

旦那さんが隠していた借金が原因で、この先家族として生活を続けていく自信がないという場合は、離婚という選択肢もあります。

もちろん、借金は旦那さん名義の債務ですので離婚することで関係なくなりますが、お子さんがおられる場合は、離婚という選択は最終的な切り札にしてください。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「法律相談カフェ」

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用不可、借入先が1社しかない人も利用できません。

逆に言えば、2社以上からお金を借りている多重債務者の方は、借金を大幅減額するチャンスです。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-家族の借金

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.