借金の督促と時効援用

借金の踏み倒しと債務整理の違い。時効を利用すれば合法的に踏み倒せる?

投稿日:

「借金の踏み倒し」とは、「借りたお金を返さず、もらいっぱなしにする」ということです。

そんな夢のようなことはあるのでしょうか?

実はあります。

それが「時効」です。

消費者金融などからお金を借りていても、時間がたって時効が成立すれば借金が無効になるって有名だよね
借金の踏み倒しに時効は有効なの?
というか、時効を使わないと借金の踏み倒しはほとんど無理だね。順番に見ていきましょう

時効の援用と借金の踏み倒しの関係

残念ながら「借金の時効」は、放っておいたら自動的に適応されるわけではありません。

待っていればいつの間にか借金が消滅していた、なんて都合の良いことはありません。

自分から「この借金はもう時効ですから払いません」と貸してくれた相手に対して宣言しないといけないのです。

時効期間が経過すると時効が成立して借金が無効になります。

その時効期間が到来して、時効にして借金をタダにしてもらいますよってことを、相手に伝えることを「時効の援用」と言います。

具体的には弁護士に依頼して「時効援用通知」を金融機関に送付します。この手続き「時効援用通知」を行うことによって初めて踏み倒しが成立。

晴れて借金がチャラになるのです。

時効の援用を主張できるのは、一般の貸金業者やクレジット会社からの借り入れなら5年以上返済していない時、貸金業者ではない個人(友人や親戚)や信用金庫・信用組合などからの借り入れの場合は10年以上返済していない時です。

しかも途中で、債務者であるあなたが「返します」と言って返済の意思を見せてしまったり、1円でも返済してしまったり、配達記録付き(受け取りのサインをするタイプの郵便物)で届いた督促状を受け取ってしまった場合は時効のカウントはリセットされます。

また、裁判を起こされて判決が出ると、給料や預金の差押えの危険があるだけではなく時効のカウントがリセットされ、時効までの期間が10年に延びてしまいます。

そして、時効の援用を主張するための書式は決まっているので、正しい形式の文書を「内容証明郵便」という方法で正しく送ることが必要なのです。

これらの条件をすべてクリアして、初めて踏み倒しが完成します。

なかなかハードルは高いですね。

借金督促への対応は?

借金を踏み倒す場合、借金督促への対応は、「逃げる」の一択です。

貸した側としては、返してほしいので、まずは電話や手紙で督促をします。

金融機関の督促担当者は、債務者相手に督促状を送ることを繰り返しているプロです。

無視しつづけると勤務先に電話がかかってくる場合もあります。

それさえも無視しつづけると、借金取り立てのプロである債権回収会社から請求を受けることになったり、裁判を経て給料や預金などの財産の差押えられたりする可能性があります。

徐々に督促の内容と危険度が深刻になっていくのが分かります。

しかし、それらに対して、何かしらの返事をしてしまうと借金を踏み倒せる可能性は大幅に下がります。

借りていることを認めるだけで時効のカウントはリセットされてしまうのですがら、「返してください」と言われて「はい」と言うだけでリセットです。ほとんど会話をしただけでアウトになってしまう可能性が高いのです。プロを相手に逃げ切るのは相当大変です。

また、個人からの借金だったら裁判をされない、という保証はありません。返済を求める裁判を起こされれば、給料や預金の差押えをされる可能性は大いにあります。むしろ個人の方が感情的に割り切ってもらえないので、業者相手の場合より督促がしつこい場合もあります。

たとえ引っ越しをしても住民票を移動させれば引っ越し先に取り立てが来ます。自宅に督促の電話がかかってくれば、家族が取り立ての電話に出てしまう可能性もあります。

それらも全て無視して、一円も払わず、5年または10年間逃げ切るのです。

また、もし5年または10年以上たっていても、一部でもうっかり払ってしまったり、「返します」と答えてしまうと、その時点で時効は中断してしまいます。

ですから、もしかしたら時効の中断がありうるかもしれない、と考えて5年や10年がたっていても、貸した側は延々と督促し続けてきます。
期間的には時効になっていても、督促がやむことはありません。

考えただけでも気が遠くなりそうですし、相当な覚悟が必要ですね。

借金の踏み倒しは犯罪?

借りておいて返さないなんて、詐欺なんじゃないの?

と思う方もいるかもしれませんが、借金の踏み倒し自体は犯罪ではありません。また、時効の援用は法律にのっとって行う行為なので、全く犯罪行為ではありません

詐欺罪など刑事事件になる?

ただし、借金の踏み倒しを悪意を持って債権者をだますように利用した場合、場合によっては詐欺に該当する可能性もあります。

では、どんな場合が債権者を陥れて

ポイントは「借金残高や収入証明、住所氏名などを偽って借りた」「最初から返す意思がないのに借りた」「返済する能力がないのに借りた」の3つ。

実際には、貸した側が詐欺だと思っても、証拠をきっちり揃えて確実に犯罪が立証できる状況でない限り、なかなか警察は刑事告訴を受理してくれません。

借金を踏み倒したからと言って、刑事事件になって、刑務所に入れられる、なんていうことはほとんどないでしょう。

例えば、お金を借りるときに提出する身分証明書を偽装したら、公文書偽造罪です。また、嘘の理由でたくさんの人からお金を集めて、一円も返さないでとんずらするといったものであれば、投資詐欺で刑事告訴もありえますが、こうなるとただの借金の踏み倒しでは済まないケースですね。

借金はあくまで民事上の問題で、刑事告訴される可能性はきわめて低いのです。

民事上のペナルティはある?

ただし、もし、時効の援用を行ってみたものの途中で中断があったために時効になっていなかったり、給料を差し押さえられてしまったりといった理由で自己破産をするしか借金を帳消しにする方法がなかった場合に、これらの詐欺的行為があった場合は、免責決定が出ません。

つまり詐欺的行為を行ったうえで踏み倒しや破産しても借金の返済義務がなくなりません。

また、時効の援用などで清算をしない限り、信用情報機関にデータが残り続けますので、その間は一切の借入ができません。クレジットカードも作れないし、住宅ローンも組めません。

携帯電話の分割払い契約やアパートの契約をすることができない場合もあります。

また、業者によっては時効の援用を行い、データの保持期間を過ぎているのに、データを消去してくれない業者もあります。そのため、自己破産をするよりもっと長い期間、ブラックリストにのりっぱなし。という状態になってしまうのです。

警察に捕まらないからノーリスクということではなく、民事上ではそれ相応のペナルティがあることを覚えておいてください。

借金踏み倒しのデメリットは?

借金を踏み倒した場合のメリットは、借金が帳消しになること。これがほぼ唯一にして最大のメリットです。

対してデメリットはたくさんです。督促が止まらない上にエスカレートしてくるので、精神的なストレスが絶えないこと。

督促の電話や給料差し押さえで勤め先の会社に迷惑がかかること。

業者からの借り入れの場合、信用情報機関のデータ上に事故情報の登録が継続し続ける(ブラックリスト状態が続く)ので、どこからも一切新たな借入ができないこと。

そのため、何を買うにも現金払いしかできないこと。

個人からの借金の場合は、借金をした友人知人親戚から縁を切られる可能性があること。

また、あまり知られていませんが、自己破産は借金をされた側から申し立てることもできるので、借り入れ相手からあなたの自己破産を申立てされる可能性もあるということ。

なお、他にもデメリットとして、実際にこんなケースがありました。

滞納した自動車ローンを時効の援用で踏み倒した人が、車が古くなって廃車手続をしようとしたところ、車検証の所有者名欄が自動車屋の名前になっていました。

しかし、ローン残金を踏み倒されて怒った車屋が廃車の手続に必要な書類にハンコを押してくれません。車自体はスクラップにしてしまい実際には存在しないのに、廃車手続ができないため自動車税がかかり続けます。

毎年自動車税の請求が続き税金滞納で預金を差し押さえられてしまいました。また、生活保護を受給しようとしてもデータ上、自動車を持っているということになっており、通りません。その後、その人がどうなったかは不明ですが、時効の援用を行ったからと言って全てまっさらになってやり直せているというわけではなさそうです。

これなら、時効の援用で踏み倒しをせずに、破産した方がまだマシだったかもしれません。

債務整理は借金の踏み倒しとどこが違う?

債務整理は、お金を貸した側と任意で減額などの交渉をする「任意整理」や、裁判所を通して借金をチャラにする「自己破産」などがあります。

いずれの方法であっても、弁護士や司法書士に間に入ってもらい、お金を貸した側に連絡を取ります。そのため、何かしらの手続をすることが相

手に伝わった上での借金の清算ですから、連絡を一切取らず、逃げまくって借金を踏み倒すこととは少し事情が違います。

特に、「任意整理」や「個人再生」では、少しであってもお金を返すので、お金を貸した相手も納得してくれるケースが多いです。

自己破産も裁判所=国が認めた制度なので、きちんと清算し、新しいスタートを切ることができます。

借金の踏み倒しは逃げまくってひたすら時間をかせぐ方法ですから、時効の援用を行って清算したとしても後ろめたい気持ちが残ります

また、業者相手に5年間逃げ切るのも、相当たいへんなサバイバル生活であることは簡単に想像がつきますが、個人から借りて10年逃げ切るのはもっと大変でしょう。また、時効の援用を行ったとしても、人としての信用は全く無くなってしまいます。

もしすでに時効状態になっている場合は、時効の援用の手続きをすぐに行いましょう。

もしかしたら、そんなつもりはなくても、仕事の関係で引っ越しが頻発した、離婚したのに住民票を移さなかったなど、なにかの都合でうっかり支払わないまま時効を迎えてしまっているケースもないことはないのが実際のところです。

そんなケースでも、スッキリしないモヤモヤ感は残り続けます。放っておいても解決はしません。

実は、時効の援用を行うのも債務整理の一種です。時効の援用を行えば、5~10年で信用情報からデータが消えます。しかし、放っておくと、ずーっとそのままブラック状態です。

放っておかずに、なんらかの清算をすること。それをすべて債務整理といいます。

ぜひ、心当たりがある人は、債務整理を行ってください。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

匿名で借金減額の相談先をシミュレーション「 借金相談カフェ」

 「借金相談カフェ」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、とりあえず自分に合った方法を調べたいって人は利用してみてください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-借金の督促と時効援用

Copyright© 債務整理ガルガル , 2018 All Rights Reserved.