任意整理

2回目の任意整理って可能?最初の債務整理方法が大事

更新日:

過去に債務整理を行ったものの、また借金が膨らんできて再度任意整理を利用したいということも珍しくありません。

法律上2回目の任意整理は禁止されていませんので基本的には可能ですが、例外もあります。

そこで、2回目の任意整理についての注意点とポイントをお教えします。

最初の債務整理方法によっては、任意整理できないこともある?

まず、2回目の任意整理を行うには、最初の債務整理方法に何を利用していたのかが重要になります。

というのも債務整理方法によっては、2回目の手続気を行うことが一定期間禁止されているものがあるからです。

最初が任意整理の場合は、回数制限がありませんので、いつでも2回目の任意整理を行うことができます。

しかし、最初の債務整理方法が個人再生と自己破産の場合は、最初の手続きの確定日から7年間は申し立てが禁止されています。

そもそも、任意整理は裁判所を介さない手続きですし、債権者と交渉し返済計画に合意したうえで和解する手続きですので回数制限がありません。

このため、任意整理に限っては2回でも3回でも行うこと自体は可能です。

 

任意整理後にもう一度任意整理することは成功しやすい?

任意整理後に、また同じ業者から借入することはあまりないと思いますが、最初の任意整理で返済額を減額した業者にもう一度、任意整理を行いたいということは珍しくありません。

しかし、同じ業者に対してもう一度任意整理を行ったとしても、債務額を減額したり毎月の返済額を減らしての返済計画に合意することはほとんどありません

対象となる債権者が合意しない場合は、任意整理が成立しませんので、成功する可能性は限りなく低いと思ってください。

これが、全く関係のない別の業者に対し、初めて任意整理を行うという場合は、たとえ2回目の任意整理でも何の問題もありません。

同じ業者でも成功するケースとしては、最初の任意整理で破綻した業者に対し再度任意整理を行う場合は、いい条件で合意を得られる可能性があるということです。

個人再生後に任意整理することは成功しやすい?自己破産の場合は?

最初の債務整理方法が。個人再生の場合は7年が経過していれば、必ず任意整理が承認されるのでしょうか?もちろんそんなことはありません。

これは、債務整理の承認条件が1回目より2回目のほうが厳しくなることが理由です。

2回目の債務整理が認証されるケースは、最初の債務整理から2回目の債務整理に至るまでに、落ち度がない場合です。

そうでない場合を例とするなら、1回目の債務整理がギャンブルによる借金が原因にもかかわらず、2回目もギャンブルによる借金が原因の場合です。

個人再生では、借金の原因が問われないと言っても、同じことを繰り返す人を何度も認めるほど甘くはありません。

言うまでもありませんが、認証される可能性はかなり低いです。

また、自己破産の場合、一度全ての債務を免責したにもかかわらず、再度借金を作り整理したいと言っても認証される可能性は限りなく低いです。

過払い金返還請求をしたことがある人は、任意整理できる?

最初の任意整理で過払い金の返還を受けた場合でも、何の問題もなく2回目の任意整理を行うことができます。

もちろん。任意整理は債権者が借金の減額に合意した場合のみ成立する債務整理方法ですので、債権者が同じ系列の消費者金融の場合は成功する可能性は低くなってしまいます。

最悪の場合、借金を一括請求されたり、裁判所に簡易訴訟を提起されることもあります。

とは言え、消費者金融は不回収リスクに特に敏感ですし、こちらの状況をある程度は察知しますので、毎月の返済額を減らすくらいなら応じてくれる可能性もあります。

2度目の債務整理がうまく行かなくても、闇金から借りてはいけない。

2回目の債務整理に失敗して、もう借入先がないからと言って絶対に闇金に手を出してはいけません。

電柱やポストなど至る場所に「ブラックでもOK」という広告を目にして飛びつく方も少なくありませんが、ごく一部を除き闇金の多くは貸金業登録を行っていませんし、法外な利息を要求することは皆さんご存知であると思います。

今の時代これが闇金であることは皆さん知っています。また、闇金からの借入は不法原因給付に該当するため、返済義務が無いことを知っている方も多いと思います。

しかし、闇金の実態は、上層部はぬくぬくと生活し、捨て駒となる下っ端を利用して、脅迫や嫌がらせなど、どんな手を使ってでも回収を行います。

たとえどんなに生活が苦しくても、違法な闇金にだけは手を出さないようにしてください

2回目の任意整理が難しければ、個人再生または自己破産を利用しよう

ブラックに載るのはいやだ、破産者になりたくない、と思う人も少なくないと思いますが、2回目の任意整理が難しい場合は個人再生や自己破産を選択した方が自分にとって有利になることもあります。

たとえ2回目の任意整理が破綻してしまった場合でも、要件さえ満たしていれば、再度個人再生や自己破産を行った場合でも減額や免責される可能性は高いです。

借金額や借入先などを見直して、自分にとって最も有効な債務整理方法を正確に判断することが大切です。

もし自分だけでは判断できないという場合は、無料相談を受け付けている弁護士に相談してみることをお勧めします。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「法律相談カフェ」

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用不可、借入先が1社しかない人も利用できません。

逆に言えば、2社以上からお金を借りている多重債務者の方は、借金を大幅減額するチャンスです。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.