任意整理

2回目の任意整理って可能?最初の債務整理方法が大事

更新日:

過去に債務整理を行ったものの、また借金が膨らんできて「もう一回任意整理を利用したい」ということも珍しくありません。

ぶっちゃけ任意整理を繰り返すことってできる?
基本的には可能ですよ。ただ、いくつか注意点もありますので本文を見てみてください

 

2回目の任意整理についての注意点とポイントをお教えします。

なぜ2回目の任意整理はできる?

最初の任意整理で返済額を減額した業者にもう一度、任意整理を行いたいということは珍しくありません。

そもそも一度任意整理をして借金を減額してもらったのに、なぜ2回目の任意整理はできるのでしょうか?

それは任意整理は債権者との交渉で借金を減らすっていう手続きなので、債権者が合意してくれれば何回でも出来るのです。

もちろん法律上2回目の任意整理は禁止されていません。

 

最初の任意整理と同じ業者からだと厳しい・・・

何回でも任意整理できるといっても、同じ業者(債権者)に対してはもう一度任意整理するのは厳しいです。

同じ相手に2回目の任意整理をお願いするということは、最初に「今後は返済するので借金を減らしてください」ってお願いして認めてもらったのに、「やっぱり払えないのでもう一回借金を減らしてください」って頼むのと一緒です。

よっぽど優しい相手でもふつう認めてくれませんよね。

だから同じ債権者に対する2回目の任意整理は(絶対無理ではないものの)厳しいことになります。

 

同じ業者だとさすがに成立しないか・・・
そんな時は個人再生が良いでしょう
そうですね

 

別の業者が相手なら2回目の任意整理は可能

別の業者が相手なら、二回目の任意整理も成功しやすいです。

このケースでは何の心配もいらないので積極的に任意整理を利用していきましょう。

すぐにでも弁護士さんに相談すべきです。

 

個人再生後に任意整理することは成功しやすい?自己破産の場合は?

まず、2回目の任意整理を行うには、最初の債務整理方法に何を利用していたのかが重要になります。

というのも債務整理方法によっては、2回目の手続きを行うことが一定期間禁止されているものがあるからです。

しかし、最初の債務整理方法が個人再生と自己破産の場合は、最初の手続きの確定日から7年間は申し立てが禁止されています。

自己破産は制約があるんだよね・・・連発しないように
反対に、任意整理は裁判所を介さない手続きです。債権者と交渉し返済計画に合意したうえで和解する手続きなので、回数制限がありません。

 

最初の債務整理方法が個人再生の場合は任意整理が可能

最初に個人再生は2回目以降は7年が経過している必要があるとの説明をしました。

7年たっていれば、必ず任意整理が承認されるのでしょうか?

もちろんそんなことはなく、任意整理なので結局は交渉になります。

最初に個人再生をして、2回目に任意整理が認証されるケースは、最初の債務整理から2回目の債務整理に至るまでに、落ち度がない場合です。

落ち度とは、本当なら支払えるはずなので、ギャンブルにはまったり、ぜいたく品に散財したりして、任意整理をお願いするってケースです。

 

個人再生では、借金の原因が問われないと言っても、同じことを繰り返す人を何度も認めるほど甘くはありません。

債権者側に納得感がある理由が必要になります。

一回目が自己破産だった場合は結構厳しめ

一回目の債務整理が自己破産だった場合は、「法律上は」7年経過すれば任意整理可能です。

でも、自己破産の場合、一度全ての債務を免責したにもかかわらず、また借金を作り整理したいって言っているわけです。

債権者側の厳しい反応が予想され、任意整理はかなり厳しくなります。

認めてもらえる可能性は限りなく低いでしょう。

こうした場合は、2回目の債務整理も自己破産で行うしかありません。

過払い金返還請求をしたことがある人は、任意整理できる?

最初の任意整理で過払い金の返還を受けた場合でも、何の問題もなく2回目の任意整理を行うことができます。

もちろん不可能ではありません。

ただ、任意整理は債権者が借金の減額に合意した場合のみ成立する債務整理方法ですので、債権者が同じ系列の消費者金融の場合は成功する可能性は低くなってしまいます。

最悪の場合、借金を一括請求されたり、裁判所に簡易訴訟を提起されることもあります。

とは言え、消費者金融は不回収リスクに特に敏感ですし、こちらの状況をある程度は察知しますので、毎月の返済額を減らすくらいなら応じてくれる可能性もあります。

2度目の債務整理がうまく行かなくても、闇金から借りてはいけない。

2回目の債務整理に失敗して、もう借入先がないからと言って絶対に闇金に手を出してはいけません。

電柱やポストなど至る場所に「ブラックでもOK」という広告を目にして飛びつく方も少なくありませんが、ごく一部を除き闇金の多くは貸金業登録を行っていませんし、法外な利息を要求することは皆さんご存知であると思います。

今の時代これが闇金であることは皆さん知っています。また、闇金からの借入は不法原因給付に該当するため、返済義務が無いことを知っている方も多いと思います。

しかし、闇金の実態は、上層部はぬくぬくと生活し、捨て駒となる下っ端を利用して、脅迫や嫌がらせなど、どんな手を使ってでも回収を行います。

たとえどんなに生活が苦しくても、違法な闇金にだけは手を出さないようにしてください

2回目の任意整理が難しければ、個人再生または自己破産を利用しよう

ブラックに載るのはいやだ、破産者になりたくない、と思う人も少なくないと思いますが、2回目の任意整理が難しい場合は個人再生や自己破産を選択した方が自分にとって有利になることもあります。

たとえ2回目の任意整理が破綻してしまった場合でも、要件さえ満たしていれば、再度個人再生や自己破産を行った場合でも減額や免責される可能性は高いです。

借金額や借入先などを見直して、自分にとって最も有効な債務整理方法を正確に判断することが大切です。

個人再生なら、給与所得者再生という手法を利用すれば、ほとんどのケースで借金が免責されます(個人再生が失敗する場合について)。

もし自分だけでは判断できないという場合は、無料相談を受け付けている弁護士に相談してみることをお勧めします。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

匿名で借金減額の相談先をシミュレーション「 借金相談カフェ」

 「借金相談カフェ」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、とりあえず自分に合った方法を調べたいって人は利用してみてください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2018 All Rights Reserved.