任意売却

任意売却は自分でできるのか?費用を節約したい人へ

投稿日:

任意売却は不動産業者などに依頼するため、手数料が掛かります。

この手数料が節約できれば、それだけ任意売却による借金の圧縮効果が高まります。

しかし、任意売却を不動産業者に依頼して行うと手数料が発生するのは避けられません。そこで、少しでも費用を節約するために自分で任意売却をしたいと考えている人もいるかも知れません。

任意売却を自分でやるのはお勧めできない

しかし、任意売却を専門家に依頼せずやろうとするのはお勧めできません。

なぜなら、任意売却を行うケースでは時間的な制約があることが多いです。

具体的には支払いが遅れてしまっている借金について債権者側が強制執行をかけてくるまでに不動産の買い手を見つけてくる必要があるのです。

売買契約書の作成や登記の移転手続きなども自力で行う必要がありますので、こうした事務手続きに慣れていない方の場合は思いのほか時間がかかってしまうということもあります。

また、任意売却が必要なケースでは所有している不動産物件が債権者にすでに差し押さえられているという場合が多いでしょう。

その場合には、債権者側と交渉をして不動産の買い手との売買契約を行うときには差し押さえの抹消を行ってもらう必要があるのです。

すでに物件の買い手のめぼしがついているという場合であれば自力で任意売却を行うということも不可能ではないかもしれません。

ですが、任意売却を自力で行う場合にはこうした手続き的な煩雑さもあるということは知っておく必要があります。

 

時間的に余裕がない中で、こうした法律的に難しい手続きを行わなければいけないのは現実的ではなりません。

素直に専門不動産業者に依頼するのが良いでしょう。

任意売却に係る費用はそれほど高くない

任意売却を専門家に依頼してかかる費用はそれほど高くありません。

固定報酬の6万円と成功報酬の物件売却価格×3%だけです(これに消費税はかかる)。

固定報酬部分は6万円と目くじらが立たない金額ですし、成功報酬にしても3%だけです。

これなら目くじらは立たないでしょう。

 

成功報酬というのは要するに「物件の売却が成立した場合には手数料をとりますよ」ということです。

この手数料の金額がいくらになるか?は不動産物件がいくらで売れたかによって決まります(手数料の金額については法律で3%と決まっています)

成功報酬ですから、不動産が売れない限り費用が発生することはありません。

任意売却が「費用的な持ち出しなしでできる」といわれるのはこのような理由からです。

【計算例】任意売却の費用

任意売却の費用は「売却価格×3%+6万円+消費税」と法律で決まっています。

例えば、物件が1000万円で売れたという場合には、

1000万円×3%+6万円に消費税がかかるので、38万8800円が必要ということになります。

この費用は物件が実際に売れた場合(不動産に買い手がついて売買契約が結ばれた場合)にのみ支払う必要があります。

そのため、あなたは買主が支払う物件代金からこの費用を支払うことができることになります。

「借金返済のためにマイホームなどを売りたいけれど、不動産業者に支払う費用が必要なら難しい」と考えておられる方もおられるかもしれませんが、任意売却を選択すればいますぐ支払うお金は基本的に必要ありません。

任意売却を行うことができるのは、債権者側があなたのマイホームを競売にかけてしまうまでの期間に限られます。

競売の手続きによって不動産が売却されると、多くの場合は任意売却よりも安い値段でしか不動産を売ることができません。

そうなると、せっかくマイホームを処分したのに、手元にほとんどお金が残らなかった…という状況になってしまう可能性もありますので注意しましょう。

任意売却は専門の不動産業者に相談することによってスムーズに売却まで進むことができますよ。

 

 

引っ越し代の捻出

任意売却の弱点は、住む場所を失ってしまうことです。

そのため、引っ越しが必要になるのですが、任意売却の費用から引っ越し代を貰えることが可能です。

この辺は、手持ちのお金があまりなく、引っ越し代に困っていることを専門業者に相談しましょう。

10万円から30万円ほどもらえるケースが多いです。

こうした引っ越し代対応なども、自分で任意売却を行ったら失敗しやすくなります。やはり業者に頼むべきです。

なお、高額な引っ越し代を餌に、任意売却を希望している人を集めようとしている業者もありますが、こうした業者は避けた方が良いでしょう。任意売却は法律に基づいた手続きなので、不良業者にあたってしますとトラブルになって失敗することになります。

任意売却費用のまとめ

以上、任意売却を行う時にかかる費用について解説させて頂きました。

任意整理の費用は「物件が売れた時に、その売れた代金から支払う」という形をとることができます。

不動産を売ればなんとかなるけれど、現在は手元にお金がなくてどうしたらいいかわからない…というお悩みをお持ちの方は、もよりの任意売却専門業者に相談してみることをおすすめします。

そのまま借金を放置して最終的に競売という形で不動産を処分するよりも、任意売却の方が手元に残るお金は多くなる可能性が高いですよ。

くれぐれも、任意売却を自分でやろうとしないでくださいね。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「法律相談カフェ」

あなたの法律相談カフェ

 「法律相談カフェ」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用できません。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-任意売却

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.