任意整理

任意整理の失敗例や注意点(返済能力や借金額による違い)

更新日:

任意整理は債務整理の手続きの中ではもっとも負担の少ない方法と言えます。

任意整理の基本はこちらをご覧ください。

ただし、任意整理は裁判所を通さずに債権者との直接交渉で借金減額を認めてもらう方法です。

債権者が認めてくれないような無理な条件を出してしまうと成立しないので注意が必要です。

ここでは、任意整理を成功させるためにはどのような点に注意が必要かについて解説させていただきます。

任意整理後に返済能力がないと成功しない

任意整理のポイントは債権者側に同意してもらうことです。

債権者の同意抜きでは任意整理は成功しませんので、債権者が認めてくれる基準を理解しておく必要があります(債権者が金融機関の場合はだいたい相場が決まっています)

具体的には債権者側としては減額後の借金を3年程度の期間で完済できるように借金残高や毎月の返済額の調整を求めてくることが多いです。

例えば、100万円の借金があるという方であれば36ヶ月(3年間)で借金を完済するためには、

100万円÷36ヶ月=27,777円

以上の金額を、毎月の返済額として設定しないと債権者側も任意整理に応じないと考えられます。

 

任意整理は、債権者の納得を得ながら手続きを進める必要があるので返済金額が少なくなりすぎ、債権者の反発を受けないようにしましょう。

金融機関以外の債権者が相手の場合

債権者が金融機関(銀行や消費者金融など)である場合には、任意整理に応じてもらえないケースは非常にまれです。

ですが、債権者が金融機関以外の人(知人や事業の取引先など)である場合には、任意整理には応じてくれないケースも珍しくありません。

金融機関は任意整理などの債務整理はある意味仕方ないと割り切って考えていますが、一般の事業会社や個人は「なぜ借りたものを返さないんだ。減額しようとするんだ」と感情的に考える可能性があります。

任意整理は債権者側の同意が得られないと成立しませんので、そのような場合には裁判所を通した強制的な手続き(つまり債権者側の合意が必要ない方法)に移行する必要があります。

裁判所を通した方法としては個人再生(給与所得者等再生)自己破産といった方法があります。

これらの方法を選択した場合には任意整理のように「利息の免除」だけではなく、借金元本の減額や全部免除を得られるというメリットもあります。

金額の大きい借金を司法書士に依頼してしまう

司法書士は借金額が140万円を超える任意整理(債務整理)案件を取り扱うことはできないので、借金額が大きいのに司法書士に依頼してしまうのは失敗です。

これは任意整理を専門家に依頼するときの注意点として代表的なものです。

司法書士と弁護士では扱える事件の(借金の金額)範囲が違うということはよく認識しておきましょう。

弁護士はすべての法律事件の代理を行うことができますが、司法書士は一定金額を超える事件については代理を行うことができないのです。

司法書士が扱える事件の範囲は「簡易裁判所で解決される事件」のみと決まっています。

簡易裁判所というのは争う金額が小さい場合などに利用できる裁判所のことで、具体的には争う金額が140万円を超えない範囲である場合に利用できます。

  • 司法書士は140万円超の借金の場合は債務整理を依頼できない

専門家に依頼する側の立場としては「借金の金額が1社当たり140万円を超える場合には司法書士ではなく、弁護士に依頼する必要がある」ということを理解しておきましょう。

この140万円という基準は、借入先1社あたりなので、小口の借金額積み重なって140万円超になってしまったって場合には司法書士でも対応でします。

 

それと裁判上の代理ができる司法書士は単なる司法書士では足りず、「認定司法書士」に限られていることも知っておくと良いでしょう。

手放したくない財産に対応する借金を任意整理してしまう

任意整理は家や車を手元に残しながら債務整理できる方法です。

しかし、住宅ローンを任意整理の対象にすれば家は取り上げられます

住宅ローンの担保にマイホームがなっているため、住宅ローンを任意整理してしまっては、それを手元に残すことはできません。

同様のことは、カーローンや携帯電話の割賦金にも言えます。

どうしても手元に残したい資産に対応する借金は、自力で返済するしかないのです

まとめ

以上、任意整理が失敗に終わってしまう例について解説させていただきました。

任意整理は裁判所を通さずに行う方法であるため、債権者側が同意してくれるぎりぎりの条件で交渉する必要があります。

多くの場合は「利息の免除」を求めて金融機関の担当者などと交渉することになりますが、法律家ではない個人の人が交渉を求めてもなかなかスムーズに進まないことが多いのが実叙情です。

また、いったん結んでしまった和解契約は後から撤回することができなくなってしまいますので、どのような形で任意整理を行うかについては慎重に判断する必要があります。

任意整理は弁護士や司法書士などの専門家に依頼して行う方が安全性が高いと言えるでしょう。

そして借金額が140万円以下の場合を除いて、弁護士に依頼するのが安全です。

相談だけであれば無料で受け付けてくれている専門家事務所がほとんどですので、一度相談してみることをおすすめします。

任意整理で借金を減らすために、おすすめの弁護士事務所。

債務整理を専門に取り扱っている弁護士事務所に相談しないと、断られるケースもあります。

また、弁護士さんの交渉力で債務の削減幅も変わってくるので、債務整理を行う経験豊富な弁護士事務所を選びましょう。

 

東京ロータス法律事務所

借金問題を解決する専門の弁護士事務所で、全国どこでも対応してくれます。

任意整理の経験が豊富で案件数も多いため、1件2万円程度と格安でやってくれます。
岡田法律事務所

 

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

シミュレーターで相談先を教えてくれる「街角法律相談所」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談がダメだったり、借入先が1社しかない場合は利用できません。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.