任意整理

結婚を考えているなら任意整理は早めにすべき理由

更新日:

借金の問題を抱えていることは、できることならば、周りの誰にも知られたくないものです。裁判所を通さない任意整理をする場合であっても、「結婚相手にだけは知られたくない」と考えている人は多いのではないでしょうか。

今回は、任意整理と結婚の関係について説明します。

関連記事:任意整理の基本

借金に苦しんでいたなんて、たしかに知られたくないなぁ
結局、任意整理したって知られるの?
詳しくは読んでいただきたいですが、非合法な方法で調査されない限りはバレにくいですね

任意整理は結婚相手に知られる?

自己破産や個人再生などと違って、任意整理は裁判所などの法的機関を介さない債務整理ですので、弁護士などの代理人と債権者以外の第三者に通知されることはありません。

また、任意整理をしたことが、住民票や戸籍謄本などに記載されることもないため、婚姻届けの提出準備などの役所関連手続きを通じて、結婚相手に知られることもありません。

ただし、任意整理をすると5年間、信用情報機関に事故情報が掲載されます。いわゆる「ブラックリスト期間」ですが、この間はクレジットカードの新規作成や住宅ローンの申し込みをしても、金融機関での審査が通らなくなってしまうのです。

また、ブラックリスト期間が明けたとしても、しばらくの間は信用情報機関にクレジット・ヒストリーがまったくない「スーパーホワイト」と呼ばれる状態になります。

債務整理をして5年が経過し、信用情報機関から事故情報が削除されたとしても、スーパーホワイトの人について、金融機関は「債務整理経験者の可能性あり」という理由で、クレジットカード申し込みやローン申請などの審査が通りにくくなります。

ですので、任意整理をすると約7年程度は、融資の申し込みなどに関する金融機関とのやり取りで、制約があると考えておく方が無難でしょう。結婚するとなると、何かとお金がかかってしまいますので、金融機関のサポートを求める場面が出てきます。特に住宅ローンを借りる時などは、夫婦そろって銀行などに出向くこともあるでしょう。

必要な頭金を準備し、定期収入がある人の住宅ローン申し込みについて、銀行が審査を通さない場合、結婚相手は過去に何らかの問題があったのではないかと気づく可能性はあります。任意整理をしたことについて、結婚相手は直接通知を受けることはありませんが、日々の生活の中で「何か変だ」と感じられることはあるかもしれません。

また、任意整理後、将来利息がカットされた債務を3年から5年かけて、債権者に借金を返済していくことになります。ですので、結婚相手に金融機関からの郵送物などを見られてしまったりするリスクは出てくるでしょう。

郵送物は中身を見られなければ大丈夫ですが、チェックされると相手に知識があれば、バレるかも知れません

関連記事:自己破産を内緒に結婚できるのか?名字が変わればブラックから抜け出せる?

身辺調査されたらバレる?

正規の登録を行っている貸金業者などの金融機関は、債務者の借金額や返済期間などの情報を、第三者に渡すことは法律で禁じられています。ですので、結婚相手が興信所や探偵事務所などに身辺調査を依頼したとしても、借金や債務整理に関することについて、第三者が正規の方法で確認することはできないことになっています。

しかし、非合法な方法を使う業者は少なからず存在しますので、結婚相手から身辺調査をされたら、任意整理がバレる可能性はあるでしょう。

非合法な手法を使わなくても、調査のプロである興信所や探偵事務所などであれば、対象者が借金を抱えているかどうかを確認することはできます。

任意整理を行う場合、代理人である弁護士や債権者である金融機関などとのやり取りが発生します。

興信所や探偵事務所などが対象者の行動調査を一定期間行うことで、債務を返済しているという事実や、借金の延滞をしていないかどうかという点まではバレやすいです。任意整理したかどうかは、普通は(非合法な手段を使わない限りは)バレないですね

結婚前に任意整理する方が、結婚後より良い

任意整理をする場合、結婚後よりも結婚前にしておいた方がましです。借金問題が解決せず、弁護士などとのやり取りを結婚後も続けていると、任意整理をしていることについて、パートナーにバレるリスクが高くなるだけではなく、迷惑をかけてしまう可能性も高くなります。

楽しい新婚生活に借金問題の悪影響を与えないためにも、一刻も早く任意整理を行う方がよいでしょう。結婚して名前が変われば、信用情報機関に登録されている事故情報について、金融機関は分からなくなり、融資なども通るようになるのではないかと考えている人もいたりしますが、最近はそのようなことはありません。

日本の場合、結婚時に夫婦のどちらかが名字を変える必要があります。結婚後に名字が変わったとしても、クレジット・ヒストリーに事故情報が掲載されていると、最近はローンなどの審査が通らなくなっています。

名字が変わったとしても、運転免許証や健康保険証などの本人確認資料を調査することによって、金融機関はクレジット・ヒストリー上の事故情報や延滞情報を把握することができるためです。

また、今後はクレジットカードの審査などでも、マイナンバー情報の活用が検討されています。名字を変えたとしても、クレジット・ヒストリーの事故情報や延滞情報はそのままで、金融機関にあらゆることが伝わるという時代に入りつつあるのです。

任意整理がパートナーにバレてしまい、黙っていたことなどについて責められ、信頼関係が崩れてしまった場合であっても、結婚前であれば、結婚後よりもダメージがはるかに少なくてすみます。婚約破棄という結果になってしまうかもしれませんが、結婚していないため、離婚という最悪のシナリオをさけることができるからです。

結婚してしまった後で任意整理の作業を続けている場合、それがパートナーに発覚して不信感を持たれてしまうと、結婚の何倍もの労力がかかる「離婚」という名のプロセスが始まってしまうリスクを抱えることになります。

借金問題を抱えていることについて、相手に隠した状態で結婚をしたとしても、法律上の観点から責任を問われることはありません。

しかし、結婚後にそれが発覚してしまうと、パートナーは相当の不信感を持つ可能性があります。結婚をすると、双方の両親や親戚などとの関係も始まりますので、任意整理は結婚前にすませておくべきです。

興信所や探偵事務所などが対象者の行動調査を一定期間行うことで、債務を返済しているという事実や、借金の延滞をしていないかどうかという点まではバレやすいです。任意整理したかどうかは、普通は(非合法な手段を使わない限りは)バレないですね

まとめ

借金問題を抱えており、任意整理を行うことについて、結婚相手に伝えるか否かは債務者本人の考えによります。仮に、任意整理が相手に知られてしまう場合でも、結婚後よりは結婚前の方が、双方にとってダメージが少なくてすむことは明らかです。

結婚する予定の相手がいて、任意整理すべきかどうか悩んでいる場合は、債務整理の専門家である弁護士などに早めに相談するようにしましょう。自分だけであれこれ考えていると時間だけが経過し、結婚後も任意整理の手続きなどをしていると、幸せな生活が送れなくなる可能性が高くなります。

関連記事:

家族に内緒で任意整理する方法

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「 街角相談所-法律」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用不可、借入先が1社しかない人も利用できません。

逆に言えば、2社以上からお金を借りている多重債務者の方は、借金を大幅減額するチャンスです。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.