任意整理

【保存版】任意整理の費用で比べたおすすめ弁護士【借金の無料相談!】

更新日:


借金の苦しみから解放される方法として、もっともおすすめなのは債務整理です。

合法的に借金を削ったり、ゼロにしたりできるわけですから。

しかし、債務整理にはお金がかかるので、弁護士や司法書士に依頼する際にかかる費用はとても気になるものです(と言っても借金に苦しむより、まず相談した方が良いのですが)。そのため、まず無料相談できる弁護士や司法書士を探すのが良いでしょう。

そのお手伝いをするため、無料で相談できる弁護士・司法書士事務所を比較しました。
任意整理を中心に債務整理の費用に注目して、ご紹介したいと思います。
まあ、借金が返せない人はまず無料相談しましょうってことで

任意整理の費用を法律事務所ごとに比べた表を載せます。

法律事務所は無数にあるので、沢山載せることもできますが数だけ集めても意味がありません。

借金の減額は専門性の高い領域なので、法律の専門家のうち「借金減額」「任意整理」のプロのみを載せています。

着手金
(1社)
成功報酬
(1社)
減額報酬 相談のみ
東京ロータス法律事務所 20,000円 20,000円 10% 無料
天音法律事務所 39,800円 19,800円 10% 無料
サンク総合法律事務所 39,800円 19,800円 10% 無料
サルート法律事務所 49,800円 19,800円 10% 無料
リヴラ総合法律事務所 39,800円 19,800円 10% 無料
ふづき法律事務所 39,800円 19,800円 10% 無料
ウィズユー司法書士事務所 39,800円 19,800円 10% 無料
そうや法律事務所 49,800円 19,800円 10% 無料
おしなり法律事務所 要相談

せっかちな人向けに、いきなりおすすめの弁護士・司法書士

理由は何でもいいから、どこがおすすめなのかすぐ教えてほしい、検討している時間すらないって人もいると思います。

そんな人向けに、利用して損が無い法律事務所を真っ先にご紹介します。

 

 任意整理が格安!東京ロータス法律事務所

このサイトではたびたび紹介している東京ロータス法律事務所さんはやはりおすすめです。

通常、1社あたり4~5万円必要な任意整理の費用が2万円でやってくれます。

相談料も無料なので気軽の相談できるのが良いですね。

借金額が多い人向けに、個人再生にも積極的に取り組んでいるので、自己破産しない解決策を探している人には、かなりおすすめです。
岡田法律事務所

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所は相談料だけでなく、着手金まで無料で債務整理に取り組んでくれます。

相談・着手金と最初にかかるお金が必要ないので、お金が心配な人にお勧めできます。

ウィズユー

闇金からの借金がある人は

もしあなたが闇金から借りていたら、一般的な弁護士事務所や司法書士事務所では対応してもらえない可能性があります。

その場合は、闇金対策を得意としている弁護士事務所に依頼すべきです。

闇金からの借金が気になる人は下のリンク先には闇金対策方法をご確認ください。

Duel法律事務所の闇金対策をチェック

任意整理・弁護士費用について

弁護士報酬は基本的に自由に決めることができるため、具体的にかかる費用は依頼人と弁護士の間で協議することが原則になっています。

ただし、2011年に日本弁護士連合会(日弁連)が作成した「債務整理事件の処理の規律を定める規程(債務整理規程)」という指針があり、それに沿って任意整理の報酬を決めている弁護士事務所がほとんどです。

債務整理規程は、借金問題で高額の弁護士報酬を支払うことができない人などを保護し、法律事務所による過剰な営業行為を防ぐことを目的として作られています。この規程は、自由に報酬を決めることが原則の弁護士費用に関する例外的な存在になっています。

なお、債務整理規程は、任意整理と過払い金のみを対象としています。ですので、個人再生や自己破産を行う場合の弁護士報酬は原則の通り、当事者間で自由に決められることになります。

任意整理を弁護士に頼む場合、発生する費用の内訳は、相談料、着手金、報酬金、減額報酬の4つで構成されていることが一般的です。この4つの費用がどのようなもので、相場がどれくらいであるか見ていきましょう。

相談料

最初に弁護士と面談する際の費用である法律相談料は、30分5,000円(プラス消費税)が相場の金額になっています。

最近は、初回の法律相談料を無料にしている弁護士事務所がたくさんあります。

債務者が相談をした後、実際に任意整理手続きをその弁護士に依頼した場合、それ以降の法律相談料はかかりません。

最近は、相談料無料の法律事務所が増えたよね
当サイトでも相談料無料の弁護士事務所を中心に紹介しています

着手金

任意整理について相談を行い、その弁護士に依頼することを正式に決めた際に支払うのが着手金です。債務者と弁護士が受任契約を結び、最初に発生するのが着手金ですが、任意整理が成功しなかった場合であっても返還されません。

日弁連の債務整理規程では、任意整理の着手金について上限は定められていませんが、手続きが開始した後で、弁護士から依頼主に着手金を求めることは原則禁止されています。

依頼する法律事務所によって、着手金の額は変わってきますが、「金融機関などの債権者1社につき○○円」という計算方法を採用しているところが大多数です。債権者1社あたり3万円から5万円くらいを着手金として提示する法律事務所が多く、これが相場になっています。

債務者がお金を借りている金融機関の数が多ければ多いほど、着手金は高額になっていきますが、分割払いを認めてくれる場合もあります。

3~5万円だと、借金をしている金融機関などの数が多い債務者は結構お金が必要ね
ただ、任意整理は借金が減るうえに金利もなくなるっていうメリットが大きすぎるので、費用を払ってもやった方がお得です。1件2万円でやってくれる東京ロータスさんなど安い弁護士事務所もありますし

報酬金

債務者と金融機関の間で和解契約が結ばれ、任意整理が成功した際に、「債権者1社につき○○円」という形で発生するのが報酬金です。

任意整理の報酬金は原則、債権者1社について2万円以下と定められています。高めの着手金を設定している弁護士事務所などでは、報酬金を無料にしているところもあります。

減額報酬

任意整理によって、実際に減らすことができた借金の額に応じて発生するのが減額報酬です。減額報酬は、減額に成功した借金額の10パーセントまでに定められています。100万円の借金減額ができた場合、その弁護士が債務者に請求できる減額報酬は10万円が上限になります。

なお、グレーゾーン金利で借金をしたことのある債務者は、過払い金が発生する可能性があります。任意整理で過払い金の回収に成功した場合、弁護士事務所は、回収額の20パーセントまでを過払い金回収報酬として請求可能になっています。

 

次のページではおすすめ法律事務所の細かい情報を載せています

次のページへ >

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「 街角相談所-法律」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用不可、借入先が1社しかない人も利用できません。

逆に言えば、2社以上からお金を借りている多重債務者の方は、借金を大幅減額するチャンスです。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-任意整理

Copyright© 債務整理ガルガル , 2018 All Rights Reserved.