借金問題の基礎知識

相続したら連帯保証人になってしまう恐れがある?熟慮期間によく考えよう

投稿日:

相続は普通は財産を受け取ることですが、注意しないといけないのは一緒に負債も受け取ってしまうことです。

連帯保証人としての責任も負債なので、下手に相続してしまうと知らない間に自分が「連帯保証人」になってしまいます。

特に被相続人(亡くなった人)が事業を営んでいる場合などは、「財産もあるけど、仕事仲間の連帯保証人になっていた」なんてケースがあるから要注意です。

財産以上の責任を背負い込まないように、注意してください。

 

相続と連帯保証人

連帯保証人である人が亡くなってしまった場合、その連帯保証責任はどうなるのか、高齢社会では現実的な問題です。

しかも故人が連帯保証人になっていることを知らなかった相続の場合はいったいどうなるのでしょうか?

ひとつずつ順を追って確認していきましょう。

死亡した人の連帯保証責任はどうなるの?

相続の基本として、資産を相続する人は負債も同様に相続しなくてはならず、連帯保証は負債と一緒です。

すなわち、連帯保証人が死亡してしまった場合には、相続人は遺産を相続したければ、連帯保証人という立場も引き継ぐことになります。

相続人には直接関係のない連帯保証人の責任であっても、その遺産を相続するのであれば、その責任も引き継ぎますので、勝手に契約を解除することはできません。

相続後に借り主が返済できないということになれば、連帯保証人を引き継いだ相続人が、その返済をしなければならなくなります。

被相続人の債務状況を確認する

被相続人が連帯保証人となっているのかを把握するためには、被相続人が保管している金銭の貸借書がないか確認してみましょう。

連帯保証人になっている場合には、貸借書を所有しているでしょう。

まずはこの貸借書の有無を確認します。

もし、貸借書を確認できない場合、連帯保証人になっているのかどうかの把握は難しくなります。

もし貸借書がなく、連帯保証人になっている場合、借り主が返済不能となったときには、被相続人にその返済請求が届くことになります。

このようなことが起こる事のないように、連帯保証人については相続時にできる限り確認するようにしましょう。

また、両親が連帯保証人になっていないかは常日頃から確認すべきでしょう。

連帯保証の権利を放棄

もし、遺産の中に連帯保証義務があった場合には、遺産の相続を放棄することができます。

遺産の相続を放棄することで、連帯保証の義務についても放棄できますので、連帯保証義務を負う必要は、なくなります。

しかしこのときは、連帯保証人の権利だけで判断しないように注意しましょう。

他に、土地や建物、預金などの財産がある場合、遺産相続の放棄をすることで、すべての相続についての権利も放棄することになります。

財産が連帯保証債務より大きければ、相続したほうが得になるケースも多くあります。

連帯保証債務の大きさを判断するには、連帯保証契約が根保証かどうかも重要です。

相続をする場合には、プラスの遺産とマイナスの遺産をしっかりと考えて行うことが大切です。

しかし、現実問題として、連帯保証債務があるかどうかは反面しにくく、多くの場合には、遺産の相続後に連帯保証人の義務がわかることが多いようです。

では、遺産相続をした後に、遺産放棄をすることは可能なのでしょうか?

実は、これは可能とは言い切れないのです。相続後に時間が経過した後、相続の放棄をするためには、裁判所での判断が必要となってくるのです。そして、裁判所で相続の放棄が認められない場合には、連帯保証人の権利について引き継がなくてはならなくなってしまいます。

専門的な知識が必要

実は、相続放棄をしても連帯保証人の責任が残ることがあります。

また、被相続人が連帯保証人となっているかどうかについては、事前にきちんと確認しておくことが大切です。

遺産相続のときに、プラスになるような財産がない場合には、後から連帯保証義務が発覚しても大丈夫なように、相続放棄の手続きをしておくことも考えましょう。

そして、相続放棄をしても連帯保証人の責任が残ることについては、かなり難しいので専門家に相談をするのが得策です。

熟慮期間は延長できる

相続するかどうか決める他の期間として「熟慮期間」という3か月間の時間があります。

3か月と言っても「被相続人がなくなってから」ではなくて「相続があったことを知った日から」です。

この熟慮期間のうち債務や連帯保証責任が大したことないって判断できれば、相続して大丈夫です。

3か月の熟慮期間が過ぎると、財産も債務も連帯保証責任も単純にすべて相続したとみなされます。だからもし連帯保証責任を亡くなった人が背負っていた場合は、3か月後には相続人は連帯保証人になってしまうことになります。

でも、3か月じゃ判断できない場合もありますよね。

そういう場合は熟慮期間を延長できます

熟慮期間は家庭裁判所に申請することで延長することが出来ます。

もし、もう連帯保証人になってしまっていたら・・・

これまで解説してきたようなことを知らずに、連帯保証債務・責任をすでに相続してしまったらどうすれば良いでしょうか?

そういう人も世のなかにはたくさんいます。

まずは、可能性は低いのですが連帯保証人を解除する方法を探ってみても良いでしょう「関連記事:連帯保証人をやめたい!連帯保証契約は解除はできるのか?」。

また、連帯保証人に迷惑にならない債務整理方法もあります「関連記事:連帯保証人に迷惑をかけないで債務整理する方法」。

連帯保証責任を回避するのは難しいですが、連帯保証人になってしまったことによる借金は債務整理によってチャラにできます。

弁護士に相談することを検討してみてください。

 

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金を減額したい方は、とりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

相談して損する可能性はかなり低いです。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「 街角相談所-法律」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用不可、借入先が1社しかない人も利用できません。

逆に言えば、2社以上からお金を借りている多重債務者の方は、借金を大幅減額するチャンスです。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

そうや法律事務所

そうや法律事務所

借金の取り立てを即時止めたい人は、そうや法律事務所に相談してください。

相談料は無料です。

-借金問題の基礎知識

Copyright© 債務整理ガルガル , 2018 All Rights Reserved.