おまとめローン

リボ払いが多重債務地獄に陥る理由、おまとめローンで脱出しよう

更新日:

多重債務になるきっかけは、ギャンブルや事業の失敗のような大きなものだけでなく、クレジットカードの使い過ぎなどちょっとしたことが積み重なって借金地獄に陥ってしまうことがあります。

特に、クレジットカードのリボ払いのシステムは大敵です。

お金の知識がある人は、まずやらないリボ払い。

 

この記事では、そのリボ払いの基礎知識から危険性までまとめます。。また、「リボ専用カード」を作ってしまったときや、すでにリボ払いで高額な支払いを始めてしまった方には、「おまとめローン」という救済策なども合わせてご紹介します。

U-Finance

リボ払いとは?

クレジットカードで買い物をするのは借金と一緒

クレジットカードの支払いは、現金のようにその場でお金が支払われることはありません。ですが、支払いがチャラになるわけではないのです。クレジットカードの仕組みは、あなたが購入したいものの代金をクレジットカード会社が一度立て替えて、後日あなたが支払うことになっています。つまり、クレジットカードの支払いも借金の一つなのです。

そのため、きちんと代金を支払えるように計画的に使用していかなければいけません。

一括払いのように分かりやすい支払い方法ならいいのですが、リボ払いのように分かりづらい支払い方法だと、イメージがしにくいですよね。

 

リボ払いは借金をゆっくり分割で返すこと

クレジットカードの広告や、月々の支払明細書などでよく目にする「リボ払い」。

ポイントが沢山ついたり、デザイン性の高いものや特典付きのカードの募集要項を見ると、「こちらはリボ払い専用カードです!」と書いてあることがよくあります。

リボ払いはクレジットカードの支払い方法のひとつで、「リボルビング払い」の略です。

 

クレジットカードの支払い方法にはいくつかありますが、リボ払いの仕組みは支払額を「固定」して支払っていく方法です。

本来なら、一括や決められた回数に分けて支払いますが、リボ払いではあらかじめ設定しておいた金額だけを支払っていきます。

1ヶ月の間にいくら使っても、毎月の支払い額は一定のままなのです。ただし、毎月の固定額にプラスして、手数料が発生していますので注意しておきましょう。

例えば、リボ払いの支払い金額を3万円に設定しておいたとします。今月10万円を使用した場合は、翌月の支払いは「3万円+手数料」です。

もし、翌月にも10万円を使った場合でも、その翌月の支払いは「3万円+手数料」のまま変わりません。では、支払いが出来ていない部分の料金についてはどのようになっているのでしょうか?

基本的には、そのまま借り続けていることになります。上記の例では20万円中6万円を支払っていますので、残りの14万円については、今後も支払い続けなければいけません。

もし、今後カードを使用しなければ、約5ヶ月ほどで完済することになります。

このように、毎月の支払額を固定することが出来るため、使いすぎても計画的に返済出来ることがリボ払いの大きなメリットだそうですよ。

 

一番の特徴は、毎月の支払額の限度を前もって決めてしまい、オーバーした分は翌月以降に繰り延べることができるという点です。そして、このリボ払いを適用した分の支払残高には金利手数料がかかります。

もし「リボ払い専用カード」やあらかじめ「自動リボ払い」に設定されているカードで設定額以上を利用すると、自動的に支払額を小分けにしてもらえる代わりに、この金利手数料も強制的に上乗せされるということになります。

リボ払いと分割払いの違い

さて、クレジットカードの支払い方法には「分割払い」という方法があります。10回払やボーナス二回払いなど、何回かに分けて支払うことが当てはまるそうです。ですが、一見すると分割払いもリボ払いも同じ支払い方法のように思えます。

この2つの支払い方法には、どのような違いがあるのでしょうか?

これらの支払い方法の大きな違いが、支払い方法の決め方にあるそうです。分割払いは、商品ごとに選ぶことが出来るため、低額なものは一括払い、高額なものは分割払いと、あなたの好きなように設定することが出来ます。一方リボ払い場合、基本的には設定するだけで店頭での捜査などは必要ありません。

つまり、店頭でリボ払いを頼まなくても自動でリボ払いになっているといわれています。

また、分割払いの場合は、月によっては支払総額が高額になってしまうことがあるそうです。ですが、リボ払いの場合はどれだけ利用しても一定金額のため、いきなり高額な支払いをすることもありません。

このように、分割払いとリボ払いには大きな違いがあるため、きちんと確認しておきましょう。

 

低額支払いの罠

カード会社のリボ払いについての謳い文句としては「どんなに使っても、毎月の支払額は一定だから安心です!」というようなものがあります。

たしかに月々の支払上だけを見ると、仮に臨時で大型の買い物をしたとしても、次の月にドンと出費が増えるようなことがありませんから、アップダウンのない、安定した支出が可能なようにも見えます。

しかし、リボ払いを利用した際に生じる金利手数料は、一般的な短期ローンの利率に比べるとかなり高額です。

つまり、カード会社にしてみるとどんどんリボ払いを使ってもらった方が収益が上がるということで、これだけ顧客に勧めるのも当然ですよね。

 

リボ払いの計算方法は?

前述したように、月々の支払い上限をあらかじめ決めることによって、支払額は一定のまま、大きい額の買い物を可能にするのが「リボ払い」です。それだけ聞くと、ずいぶん単純そうですが、そうではないのです。

まず、月の支払額の決め方には2つのタイプがあります。残高が大きくなれば月の支払額も上がる「残高スライド方式」と、残高に関わらず支払額を一定にできる「定額方式」です。どちらにも共通するのが、来月以降に持ち越した支払残高の分だけ金利手数料がかかるという点です。

手数料は、一般的に年利15%前後ですが、高いところでは18%程度になるものもあります。

この利率を、支払残高×持ち越した日数÷365日(うるう年の場合は366日)にかけることにより、その月の支払手数料が決まります。

また、支払額の上限に手数料を上乗せする会社と、手数料を月の支払上限額の中に組み入れる会社の2パターンがあり、計算方法はこれによっても変わります。

 

シュミレーションツールを使ってみよう

実際に、具体的な金額を例に挙げて計算してみましょう。カード会社が提示している年利率を日数分で割ったりと、少しややこしいリボ払いの計算方法ですが、シミュレーションツールを使えば簡単です。

JCBの利払いシミュレーションツール

JCBのツールでは、カードの支払いは翌月10日から、手数料は支払上限額に上乗せという想定です。実際にお使いのカードとは条件が異なる場合がありますので、自分で試してみる際には利用中のカード会社が提供するツールがあればベストです。

ではさっそく、こちらのツールを使って、2016年11月1日に15万円分の買い物をし、年利15%のリボ払いを使ったという場合のシミュレーションをやってみます。

まず、残高スライド方式の場合。カード会社ごとにプランは異なりますが、ここでは、支払残高が10万円以下なら月々支払額が1万円、支払残高が10万円以上なら月々の支払額が10万円ごとに1万円ずつ上がる方式を採用しています。結果は以下の通りです。

支払期間:2016年12月10日~2017年11月10日
支払総額:160,159円(内手数料 10,159円)

次に、定額方式で月々支払額を1万円としてシミュレーションした結果です。

支払期間:2016年12月10日~2018年2月10日
支払総額:164,655円(内手数料 14,655円)

ちなみに、手数料が支払上限額内に組み込まれるリボ払いの場合だと、月々支払額あたりの元金部分が減るため、どちらの場合もさらに支払い期間が延び、手数料が増える可能性があります。

 

高い手数料に終わらない支払いがリボの恐怖

残高スライド方式の場合、残高が10万円以上ある最初の3カ月の支払は2万円+手数料、以後の支払は1万円+手数料になるため、短期間で元金を減らすことが出来る分、定額方式よりも支払期間も短くなり、手数料も安く抑えられます。一方、支払残高が減るまでは月々の返済が苦しくなります。

定額方式の場合は、最後まで支払額が変わらないので月々の支払は楽ですが、利用日の翌々年まで支払いが続き、それまでダラダラと手数料を支払い続けなければなりません。

どちらの支払い方式も、手数料はその月々の残高に日割りの利率をかけたものなので、千円前後~数百円とさほど大きな額ではないため、損をしているという実感がわきにくくなります。

しかし結果的には上記のように、トータルで1万円以上、定額方式に至っては元金の1割弱にあたるお金を余分に支払っているのです。

リボ払いの恐さはそれだけではありません。例えば、月々支払額の5倍の買い物をリボ払いでしたとき、単純計算で完全に支払いが終わるまでには5カ月前後かかるでしょう。その支払いが完全に終わるまで、全く何も買い物をしないということは可能でしょうか?

おそらくほとんどの人が、何かしらをまたカードで購入すると思います。そうすると、新たな支払残高がどんどん増え、いつまで経っても支払いが終わりません。リボ払いが本当に恐ろしいのはこの点なのです。

リボ払いの借金地獄から抜け出すには?

ここからは、リボ払いを使い始めてしまって、返済に苦労している人向けに対応策を考えます。

月々の支払限度額を上げる

こうした「リボ払い地獄」に陥らないための手立てがいくつかあります。例えば、作ったカードが「リボ払い専用」だった場合です。

P-one wizやファミマカードなどがリボ払い専用ですが、ポイント制度などがお得で魅力的なカードも多いですよね。

しかし、リボ払いの手数料で損をしたくなければ対応が必要です。

リボ払い専用の場合でも、月々の支払いを全額払える(実質上の一括払い)に変更できるカードがあり(p-one wizもそうです)、その機能を使えばリボ払い手数料は取られません。

 

その他の支払方法を選ぶ

リボ払い専用でないカードなら話は簡単で、リボ払い以外の支払い方法を選べばよいのです。

ただ、分割払いにすると、その分手数料が必要になるので一括払いが良いでしょう(返済できるなら)。

しかし、何らかの事情で一括払いが難しそうな額を買わざるを得ない時は、カード決済時には手数料がかからない分割払いを申し出ましょう。

おまとめローンを利用する

既にリボ払いによる借金が、複数の金融機関にまたがるなりして、かなりたまってしまった人向けの方法ですが、「おまとめローン」を活用することも出来ます。

おまとめローンとは、その名の通り、複数金融機関での借金を一本化してまとめるというものです。

リボ払いの金利はもともとかなり高いため、おまとめローンを使うことで、毎月の利息の負担を軽減できる可能性が大いにあります。

下のU-Financeは5社以上の借入先がある場合でもおまとめローンを組んでくれる可能性があり、大手銀行より柔軟に対応してくれます。

また、来店不要で手続きをすることができます。
U-Finance

リボ払いは真っ先の返済すべき借金

「ローンファースト」という言葉があります。

お金を残したかったら、まず何よりも負債を小さくすることを優先させようという意味です。

残高がある限り高額な手数料も残り続けるリボ払いは、真っ先にやっつけるべき対象です。

まとまった臨時収入があった時などに備え、各カード会社ではリボ払いの残高をまとめて支払えるプランを用意しています。

「おまとめ返済」「全額払い」など、各社によってそれぞれ名称が異なりますので、「カード会社名+リボ払い+一括返済」で検索したり、Webページや案内を読み込んだりして探してみてください。

なお、返済を急ぐあまりに手持ちの額の多くをそちらに充ててしまうと、生活資金がショートしてしまいまたリボ払いへ…ということも起こりえますので、気を付けてください。

「credit」という英単語には、「信用」という意味があり、また簿記会計上では「貸方(負債などの計上をするカテゴリ)」という意味にもなります。年収や職業などの信用を担保にしてカードを作り、後払いで商品を手に入れられるクレジットカードの基本的な構造は、小さな借金と返済の繰り返しです。

経済活動がスムーズに行われているうちは、そうした買い物履歴は優良なクレジットヒストリーとして消費者個人の強みになります。しかし、リボ払いによる支払いが膨張し、いつまでたっても支払いが終わらない…となると話は別です。

クレジットカードの支払方法のひとつであるリボ払い(リボルビング払い)。利用すればするほどカード会社に高額な金利手数料が入るため、近年は「リボ払い専用カード」や「自動リボ払い」のカードも増えています。ポイントや入会費でどんなに旨味があっても、実際にリボ払いを利用して得になることはまずありません。

分割払い、上限額の引き上げなどを利用しつつ、すでに残高を抱えてしまっている方は「ローンファースト」の原則で、一刻も早く残高ゼロにする努力をしましょう。クレジットカードは賢く使えば便利な物です。
U-Finance

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

気軽に借金減額の相談先をシミュレーション「法律相談カフェ」

あなたの法律相談カフェ

 「法律相談カフェ」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談は利用できません。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-おまとめローン

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.