債務整理の基本

保証人に迷惑をかけないで債務整理する方法

更新日:

保証人(連帯保証人)がついている借金があるときに債務整理をすると、保証人に迷惑をかけてしまうことがありますが、債務整理の種類によっては、保証人に迷惑をかけないで手続きすることができます。
また、債務整理で保証人に迷惑をかけないようにするためのポイントもあります。
そこで今回は、保証人に迷惑をかけずに債務整理をする方法について解説します。

債務整理で迷惑をかけないなんて甘い。自己破産で生き延びるのだ

そういう考え方の人もいるでしょうが、人間は生きていけばしがらみが増えるもの。他人に迷惑をかけないっているのは大事な観点ですよ

保証人の義務

債務整理をすると、保証人や連帯保証人に迷惑をかけることになることがあり、このことを心配して、債務整理に二の足を踏んでしまう人も多いです。

そもそもどうして債務整理をすると保証人に迷惑をかけるのか、保証人とはどのような義務を負うのかを理解しておきましょう。

保証人とは、主債務者(借金した本人)が借金返済をしない場合に、代わりに借金の返済をしなければならない義務を負った人のことです。保証人は、債権者と「保証契約」という契約をしているため、その契約から保証人の義務が発生します。

お金を貸し付ける際、主債務者が将来本当に支払をしてくれるかどうかわからないので、万が一の時に備えて担保として保証人をつけておくのです。

連帯保証人とは、保証人よりもその義務が強められている保証人のことす。

保証人と連帯保証人の違い

もう少し詳しく、今度は保証人と連帯保証人との違いから確認していきましょう。

借り主が返済できなくなった場合に、借り主に代わって返済をしなければならないと言う点では、保証人と連帯保証人は共通しています。しかし、保証人と連帯保証人で大きく違う点があります。

まず、保証人の場合には、債権者が保証人に対して借入金の返済を求めてきたときに、まず借り主への請求を求めることができます。しかし、連帯保証人にはこの「催促の抗弁」の権利はありませんでしたね。返済を求められたら、直ちに返済しなければならないのが連帯保証人です。

次に、借り主に返済能力があるにも関わらず返済をしない場合には、保証人であれば、借り主の財産について強制的に執行をするように主張ができます。しかし、連帯保証人にはこうした「検索の抗弁」の権利もありませんでしたね。つまり、借り主がどのような状況であれ、返済をする必要があります。

そして、保証人や連帯保証人が複数人いる場合に、保証人の場合はその複数人で均等にした金額のみを返済すれば良いのですが、連帯保証人についてはすべての人に対して、その請求が1人にしかされてなくてもその人が全額返済をしなければなりません。

保証人と連帯保証人との違いは、保証人は借り主がどうしても返済できない場合のみ、返済の義務が発生するのに対して、連帯保証人は、借り主の状況に関わらず返済を請求されたら、必ず返済をしなければならない立場にあるということになります。

ただの保証人ならば各種の抗弁権(借金返済を一定のケースで断ることができる権利)などがあるのですが、連帯保証人の場合こうした抗弁権などがありません。

そして、日本では、借金のほとんどのケースで通常の保証人ではなく、連帯保証人が採用されています。

債務整理すると保証人は借金の一括払い請求を受ける!

主債務者(借金した本人)が債務整理をした場合、具体的に保証人にどのような迷惑が及ぶのでしょうか?
保証人は、借金した本人が借金返済をしないときに代わりに返済しなければならない義務を負っているので、(借金した本人が)債務整理をして借金の全部や一部を返済しないということになると、保証人が代わりに返済をしなければなりません。

主債務者(借金した本人)が債務整理によって借金の減額や免除を受けても、保証人の保証債務には影響がないので、債権者は保証人に対して借金の全額を請求します。

しかも、主債務者が借金を滞納する場合、債権者は債務者に対して借金の残金一括払いを請求することが普通です。

プルプル

通常、借金返済をする場合には月々分割返済をしていますが、借金を長期滞納したり債務整理したりした場合には、分割払いができなくなって、そのときの残金を一括払いしなければならない、という契約内容になっているからです。

このことを、「期限の利益喪失」と言います。
しかも、借金返済を滞納すると、その日数に応じて高額な遅延損害金が加算されます。

そこで、主債務者が保証人つきの借金について債務整理をした場合、保証人や連帯保証人のもとには、債権者から借金残金の一括払いと高額な遅延損害金の合計の請求が届くことになります。

債権者から保証人宅にいきなり内容証明郵便などで一括請求書が届くことも多く、何も聞いていなかった保証人が驚愕する、ということが起こります。

すると、主債務者と保証人との間にトラブルが発生し、もともとの友人関係や親戚付き合いが完全に断絶されてしまうことも頻繁にあります。

自分が借金から逃れるために、保証人になってくれた友人や家族・親族に迷惑を掛けられないって考える人は、とてもいいです。

でも、保証人に迷惑にならない債務整理のやり方も存在します。

任意整理、特定調停なら保証人に迷惑をかけない!

債務整理をした場合でも、任意整理特定調停を利用すれば、保証人や連帯保証人に迷惑をかけずに済みます。

任意整理や特定調停では、対象とする債権者を自由に選ぶことができるので、保証人や連帯保証人がついている借金を外して、それ以外の借金についてのみ手続をすれば良いのです。

この場合、保証人つきの借金については条件の変更が行われず、これまで通り、主債務者が自分で返済を続けていくことになります。
たとえば、奨学金を利用している場合、親に連帯保証人になってもらっていることも多いですが、債務整理をすると親に迷惑をかけるので、奨学金を外して任意整理をします。

すると、奨学金についてはこれまで通り自分で返済を続け、他の消費者金融やカードローンなどについてはきちんと整理してもらえるので、親に迷惑をかけることなく借金問題を解決できます。

個人再生や自己破産なら保証人に迷惑が及ぶ!

これに対し、個人再生自己破産をすると、基本的に保証人(連帯保証人)に迷惑をかけてしまいます。
これらの手続では「債権者平等の原則」が働きます。

これは、すべての債権者を平等に取り扱わなければならない、という原則のことで、破ると個人再生の再生計画案が認められなくなったり自己破産では免責(借金がなくなること)が受けられなくなったりします。

そこで、一部の債権者を優遇することが認められず、保証人や連帯保証人がついている借金だけを手続きから外す、ということができず、債権者は保証人や連帯保証人に借金残金の一括請求をしてしまいます。

借金の額が大きい場合などには任意整理では対処できず、個人再生や自己破産を利用しないと問題を解決できません。そのときには、保証人が債権者からの請求にどのように対処すべきか検討したり、保証人への影響を最小限度にとどめたりするための方策が必要です。

債務整理の手続き前に保証人に対処方法を告げておくことが重要

もしあなたが債務整理する場合、保証人が債権者から請求を受けることが予想される場合、保証人による対処方法が問題になりますが、まずは、債権者と返済についての交渉をすべきです。

債権者が保証人に借金返済を請求する際、当初は遅延損害金つきで残金一括請求をしてきますが、交渉次第で分割払いをすることができます。

保証人の状況によっては、月々1万円~2万円の返済で様子を見てくれることもあるので、話合いをする価値は充分にあります。
そこで、債務整理する前に、保証人に対し、今後債権者から請求が来る可能性があることと、交渉によって分割払いする方法があることを告げておくことが必要です。

債権者が話合いに応じなかったり保証人に返済能力が全くなかったりする場合には、保証人も自己破産などの債務整理をする必要があります。保証債務も債務整理の対象になるので、保証人が債務整理をしたら保証債務の支払を免れることができます。

このような場合に備えるためには、やはり事前に保証人に対して債務整理することを告げて、いざとなったら債務整理で解決できることを教えてあげることが大切です。

実際に巨額の借金の保証人になっている人は、元の借金をした人(主債務者)が債務整理をする場合、保証人も一緒に債務整理(自己破産なら借金はゼロにできる)するケースが多いです。

何も言わずに手続きするのは絶対ダメ!

保証人がついている借金を債務整理するとき、絶対にしてはいけないことがあります。それは、事前に保証人に何も連絡せずにいきなり債務整理することです。

この場合、何も知らずに平穏に暮らしている保証人のもとに、いきなり債権者から内容証明郵便などで一括請求書が届きます。

このようなことになったら、保証人が受けるダメージは非常に大きく、あなた(主債務者、借金をした本人)と保証人の人間関係も壊れてしまうので、保証人がついている借金を債務整理する場合には、必ず事前にその事実を保証人に告げて、今後の対処方法を相談しておくことが大切です。

保証人も債務整理をしたいと言うことであれば、一緒に弁護士事務所に行って同時に債務整理手続きを進めることもできますし、自分がお世話になっている弁護士を保証人に紹介することもできます。

免責後に保証人に返済することはできる

自己破産などの債務整理をする場合、1つ覚えておくと良いことがあります。それは、手続き終了後に任意で保証人に借金返済をすることは自由だということです。

確かに、債権者平等の原則があるので、手続きにおいて一部の債権者を優遇することはできませんが、手続き終了後に任意で一部の債権者に返済することは禁じられていません。

そこで、自己破産をして債権者が連帯保証人に支払い請求をし、連帯保証人が支払に応じて迷惑をかけてしまった場合、免責後に任意で連帯保証人に少しずつお金を返していくことが可能です。
この方法をとると、保証人にかける迷惑を最小限にとどめることができます。

 

以上のように、債務整理をする場合でも、任意整理や特定調停なら基本的に保証人に迷惑をかけることがありません。個人再生や自己破産をする場合には、必ず事前に保証人に債務整理する事実を告げておくことが重要で、手続き後には保証人に任意で支払をすることもできます。
借金問題に苦しんでいる場合、保証人に迷惑をかけない方法はあるので、上手に債務整理手続をすすめて解決しましょう。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

シミュレーターで相談先を教えてくれる「街角法律相談所」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談がダメだったり、借入先が1社しかない場合は利用できません。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-債務整理の基本

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.