借金問題の基礎知識

借金問題での借用書の基本と効力

更新日:

借金問題において良く出てくる借用書。

お金を借りるときこの借用書を書くことで、どのような義務を負うのでしょうか?

またお金を貸す時に「借用書」を書いてもらうと、お金はかえって気安くなるのでしょうか?

そもそも、借用書にはどんな効力があるのでしょうか?

今回は、借金と借用書の関係についてまとめます。

借用書とは?

お金の貸し借りをする時には、その記録を残さなければ、後々、借りた、借りていない、などとトラブルが起きることが想定されます。

そのため、貸した金額などを証拠として残すために借用書を作ります。

「後々問題にならないためにも借用書を作っておくと良い」なんて話をよく聞くことがあると思います。

しかし、借用書はそれほど重要な効果を持つのでしょうか?

まず、借用書についての基本的な情報についてまとめてみました。

借用書とは

なぜかと言うと借用書とは、簡単に言うと「お金や物を借りた時の証明書」のことを指します。

つまり、金銭だけでなく物品の貸し借りにも使えるんですね。金銭に関する借用書なら、「金銭借用書」という言い方をします。

 

では、お金の貸し借りをする時に必要な「借用書」ですが、どんな内容を書けばいいのでしょうか?

普通は、「AさんはBさんに○円お金を貸しました」という内容を思い浮かべると思います。

大体あっているのですが、正確には以下のような内容になります。

借用書に記載する内容ですが、貸主(お金を貸す人)の名前・借主(お金を借りる人)の名前はもちろんのこと、金額・返済方法・返済期限・利息などの詳細も明記されています。次の章で詳しく説明しますが、意外と書く内容が多いのです。

 

借用書が無いとどうなる?

お金を貸したのに返ってこない!そんな経験をした人はかなり多いようです。

相手を信用してお金を貸したのに、返ってこないとなると悔しいですよね。

大金であれば、かなり困った事態になって、友人に貸したお金が戻ってこなくて、自分が借金地獄に陥ったなんていう話も良くあります。

お金を貸した友人に踏み倒されて、自分が債務整理する羽目になった、なんて事態になったら泣きそうになります。

 

貸主がどれだけ催促したところで、借主にお金を返す気が無ければ戻ってきません。

借用書を見せつけて返済を迫ったところで、聞く耳持たないという人もいます。つまり、借用書を盾にしてもお金が戻ってくるわけでは無いんです。

話し合いで解決しないのなら、裁判を起こして強制的にお金を回収しなければなりません。

裁判をするとなると、「私はお金を貸しました」という証拠が必要になります?

その時武器なるのが借用書です。借用書を作っておけば、それは証拠として使う事ができます。

そのため、人にお金を貸す時には返ってこない場合も想定して、きちんと借用書を用意しておくことをおススメします。

借用書は誰でも作れる?

借用書は自分一人でも作ることができるのでしょうか?

それとも、弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼しなければならないのでしょうか?

相手との金銭のやり取りを証明するものですから、弁護士などの専門家に頼むものだと思う人もいるかもしれませんね。

ですが、借用書は借主と貸主さえいれば作ることができます。

必要な事柄が書かれていればいいんです。とはいえ、必要な情報を書いていないために無効とされる借用書が多いようなので、作る時には十分注意する必要がありますね。

借用書には、ざまざまな様式がある

借用書にも種類があります。

大きく分けると、お金の貸し出しに使うものと、物品の貸し出しに使うものですね。

最初に少し説明しましたが、借用書は物品にも使えるんです。

この記事で取り上げるのは、主にお金の貸し借り使う借用書となります。

 

更に、借用書には「金銭消費賃借契約書」というものもあります。借金問題の時に使われる者ですが、簡単に言うとお金の貸し借りに使う借用書です。

ただし、普通の金銭借用書と比較すると次のような違いがあります。

【金銭消費賃借契約書の特徴】

  • 2通分作らなければならなず、双方で保管する(借用書は1通分、貸主が保管す
  • 貸主と借主、両方の署名が必要

「金銭消費賃借契約書」の方が、通常の借用書よりも書く内容が多いのです。

「金銭消費賃借契約書」を借用書と呼ぶことも多いです。

この章のまとめ

借用書はどんな使い方をするものなのか、何となく想像できたでしょうか?

この章は導入編なので、基本的なことがわかれば大丈夫です。

以下の要点をつかんでください。

・借用書はお金やモノの貸し借りをする時の証明書
・トラブルが起こった時、証拠として使える
・専門家がいなくても作れる
・「借用書」と「金銭消費賃借契約書」の2種類がある

借用書は裁判の証拠になりますから、お金を貸し借りする時にはとても必要なものなんです。

次の章からは、詳しい書き方について取り上げていきます。「無効にならない借用書」を作るために、どんなことを書けばいいのか見ていきましょう!

借用書の書き方【借金問題の場合】

正しい借用書の作り方を知っていますか?借用書は書き方を間違えると無効になってしまうんです。

おまけに、ケースごとに書いた方が良い内容も違ってきます。

金銭のやり取りはトラブルにつながりやすいので、きちんとした借用書を作っておきたいですよね。

この章では、無効にならない借用書を作るための基本的な知識について紹介していきます。

基本の書き方

最初の章でも少し説明しましたが、借用書に書く内容は以外と多いんです。でも、具体的に何を書けばいいのかわかりませんよね。

借用書では、主に次のような内容を記載します。

【借用書の内容】

  • 借り手と貸し主
  • 貸付金額
  • 貸した日時
  • 返済期限(物品の場合は返却期限)
  • 利息(物品の場合はいくらで貸すか記載)
  • 支払い方法

返済の時に揉めないためにも、最低でも上の6項目は記載しておきたいところです。

うっかり金額を書き忘れたりしたら、後から支払額をごまかされる可能性があります。契約する前にしっかり書面の内容を確認しておく必要がありますよね。

 

借用書の基本構成

借用書の構成は次のようになっています。

【借用書の構成】

  1. 山田太郎様(貸主の名前)
  2. 金壱百万円也(貸した金額)
  3. 本日、私は貴殿より上記金額を確かに借用いたしました。平成○年○月○日までに返済いたします。(返済日・返済方法などの条件)
  4. 平成○年○月○日(貸した日付)
  5. 借りた人の住所を記載
  6. 借りた人の名前を記載
  7. 借りた人の印鑑
  8. 収入印紙を貼る

この例は、借用書の中でもかなりシンプルです。

③の返済条件についても、返済日くらいしか書かれていませんよね。

場合によっては、ここに支払い方法(一括払い・分割払いなど)や利息の有無なども記載されています。借用書の書き方は一つではなく、ケースごとに色々な書き方があるんです。

ただ、このシンプルな構成を抑えておけば、いろいろ応用は効きます。

金銭借用書のテンプレートのダウンロード先をお付けします。

数字は漢字で書かないとダメなのか?

上の項目で借用書の見本を紹介しましたが、数字の書き方が特徴的なことに気づきましたか?「金壱百万円也」と書かれていましたよね。

漢数字が使われていて、数字の前には「金」、後ろには「円也」とついています。なぜこのような書き方をするのでしょうか。

「借用書を書く時に、アラビア数字(1,2,3など)を使うのは禁止!」という決まり事はありませんが、現状、漢数字を使っている人が多いです。

これは、金額の書き換えを防ぐためなんです。例えば、人に100万円を貸した場合、アラビア数字だと、1を7や9に書き換えることができます。

それに引き換え、漢数字の壱なら、書き換えにくいですよね。

また、数字の前後に金と円が付いていない場合、後から数字を書き足すことができます。借用書は貸した人が保管しますから、このように金額を書き換えることが可能なんです。

不正をされないために、数字は漢数字で書き、前後には金と円を付けるのが一般的なんです。

借用書の日付は必要?

借用書の日付にはどんな意味があるのでしょうか?

支払い方法や期日と違って、返済には直接関係ないように思えますよね。そのせいか、書かなくてもいいんじゃない?

なんて考える人がいそうですが、契約した日付は大切なものです。ちゃんと記載しましょう。

会社で作る書類や契約書などにも、いつ作ったのか、いつ契約したのかがわかるように必ず日付が入っていますよね?

それと同じで、借用書にも日付は必要なものなんです。この記事の最後の方でお話ししますが、「時効」にも関係してきます。

ただし、契約した日付がわからないからと言って、適当な月日を書くのはご法度です!というのも、裁判になった時にあなたが不利になるかもしれないからです。

例えば、「○月○日(借用書に適当に記入した日付)にAさんにお金を貸しました!」とあなたが裁判で主張したとします。もしもAさん(借主)がその日、国外にいた場合、あなたは嘘をついていることになります。

つまり、貸主であるあなたが疑われてしまうんです。

借用書には事実を書きましょう。

反対に、あなたが借りてサイドの場合は、事実に反する記載があれば徹底的に追及すべきです。

金銭借用書の基本的な書き方は以上になります。

次の章では、物品の貸し借りに使う借用書について取り上げてみました。

 

借用書の書き方【物品の場合】

物品の借用書は、金銭の借用書とは書き方が少し違います。

金額の代わりに借用品名を書き、借りるための条件なども記載されています。これも、実際に見た方がわかりやすいので、下に見本を作ってみました。

【物品借用書(見本)】
①平成○年○月○日(貸した日付)
②○○○○ 様(貸した人の名前)
③借用者(借りた人)の住所
④借用者の氏名
⑤借用者の印
⑥私は下記事項を遵守し、以下の物品を借用します。
⓻1.借用品名
2.数量
3.借用期間:平成○年○月○日~平成○年○月○日
⑧記(以下に、借り入れの条件を記載)

これもシンプルな見本ですが、基本的にはこの様な書き方をします。

⑧に書く借り入れの条件ですが、内容としては「物品は借用者が十分に注意して管理すること」という取り扱い方法や「借用品を壊してしまった場合の対応方法」などを書いておくといいでしょう。

複雑すぎる借用書は使いにくいと思いますが、あなたにとって不利益な状態を避けるためには、ある程度の内容は盛り込んでおいた方がいいでしょう。

とはいえ、全て自分で作る必要はありません。

そんな時には、ネット上でダウンロードできる「借用書のひな形」を使えば、より簡単に借用書を作ることができるんです!次の章では、便利な書式サイトや見本についてピックアップしてみました!
借用書のひな形!あると便利なテンプレート

借用書を自分で書くのって、少し難しく感じると思うので、テンプレートを見本に作るのが良いかと思います。
会社で使う借用書だけでなく、個人用の借用書テンプレートも、書式のサイトでダウンロードすることができます。ビジネス文書のテンプレートを扱っているサイトでも、個人用のものが置いてあるんです。もちろん、通常の借用書だけでなく「金銭消費賃借契約書」もダウンロードできます。

無利息の場合の借用書の書き方

無利息でお金を貸し借りする場合、借用書にはどう書けばいいのでしょうか。基本的な文章に加えて、新しく文言を追加する必要はあるのか、気になりますよね。

無利息の場合、貸した額と同額を返済する旨を書いておけば問題ありません。

貸した金額が10万円なら、「金十万円を○年○月までに返済します」という内容でいいんです。「無利息でお金を貸します」という文は書かなくても大丈夫です。

個人でのやり取りなら、特に記載がなければ利息無しと判断されます。

 

エクセルを使った作り方

借用書のテンプレートは、マイクロソフトの『Word』で編集する物がほとんどです。

しかし、Wordをインストールしていない人でも、借用書のテンプレートを使う事ができます。

中には、『Excel』や『PDF』で作れるものもあるんです。

「借用書・エクセル」などのワードでネット検索すれば、Excel形式のテンプレートをダウンロード出来るサイトが表示されます。

サイトによっては、ダウンロードする形式を選ぶことができます。

ただし、長文で条件の記載が細かい借用書はWord形式のものがほとんどです。

Excelでこのような借用書を使う場合、文言だけWord版のテンプレートから借りてきて、Excel版に貼り付けても良いかと思います。

ここまで、借用書の書き方について取り上げてきました。

次の章では、皆が勘違いしている「借用書の効力」について取り上げました。

貸したお金を返済してもらえない時、借用書をどう使えばいいのか?という疑問にお答えします。

 

借用書の効力

例えばの話ですが、あなたが友人にお金を貸したとします。

そこで、あなたはちゃんと金銭証明書を作っておいたとします。

ですが、友人はいつになってもお金を返さず、証明書を見せても一向に返済しない……そんな事態になった時、借用書はどこまで効き目があるのでしょうか?

借用書だけではお金を取り戻せない

借用書があっても、相手に支払い能力が無ければお金は戻ってきません。

当然ですが、何もしなければ財産の差し押さえもできないので、訴訟を起こす必要があります。

借用書でなく、金銭消費貸借契約書を作っていた場合も同じです。

借用書はあくまで「裁判のための証拠品」なんです。

裁判で勝って、ようやく差し押さえをすることができるわけです。

裁判はあなた自身で行うこともできますが、弁護士に依頼したほうが滞りなく進みますし確実です。

少額訴訟」であれば1日で判決がでますが、裁判は基本的に時間もお金もかかるものです。

また、状況によっては負ける可能性もあるため、出来れば話し合いで解決したいですよね。借用書があるから100%勝てるというわけでは無いようです。

借用書よりも強い「公正証書とは」

「公正証書」なら、借用書とは違い契約違反をした段階で強制的に差し押さえをすることができます。

法的に効力がある借用書なので、裁判をしなくても良いんです。そのため、高額を取り扱う場合などは、「公正証書」を作成するのが一般的です。

ただし、「公正証書」は借用書と違い、専門家によって作成される公文書です。つまり、専門家に依頼しなければならないので、その分の依頼料がかかるんです。

お金を人に貸す時、借用書さえ作っておけば安心というわけではありません。

訴訟で勝ったとしても、貸したお金が全額取り戻せるというわけでもないので、相手と状況を見極めることが重要なんです。

相手が返済できるプランを立て、その上で借用書を作ることが大切だと言われています。

次の章では、借用書を作る時に必要な「収入印紙」について紹介します。「収入印紙」を知らないという人にも出来るだけわかりやすく解説してみました!

借用書に「収入印紙」は必要?

借用書には「収入印紙」を貼らなければなりません。「収入印紙」とは、書類に貼る切手の様な形をしたもので、お金の取引をする時に使います。

「印紙税」という税金の一つなんです。では、借用書に印紙を貼らなかった場合、何か問題があるのでしょうか?

印紙を貼らないとどうなる?

「収入印紙」は書類を作成した時にかかる税金なので、作った側が支払いをしなければなりません。

借用書以外にも誓約書や契約書、領収書、手形など色々な書類に貼られています。

この「収入印紙」は郵便局などで買うことができます。コンビニでも売っているところがありますね。因みに、借用書に書かれている金額によって、印紙代も違ってきます。

では、「収入印紙」が貼っていないと後から発覚した場合、どうなるのでしょうか?

借用書が無効になるのでは……と不安になるかもしれませんが、安心してください。

ちゃんと有効になります。ただし、印紙税法に違反しているため、税務上の罰則が科せられます。

決められた印紙代の3倍もの金額を納めなければならないんです・・・

印紙は個人の契約でも必要?

個人で使う借用書にも、もちろん印紙は必要です。貸付金が1万円未満なら非課税ですが、それ以上の金額をやり取りする場合は、印紙税を払わなければなりません。

貼らなかった場合は、上の項目で書いた通り3倍の印紙代を支払うことになります。

とはいえ、少額であれば印紙代はそれほど高くありません。10万円以下なら200円、50万円以下なら400円なので、うっかり貼り忘れたとしても罰金は高額にならないんです。

借用書の知っておきたいトピック

借用書に時効はあるか

「時効」は、借用書の効力にも適用されるのでしょうか。

あなたが友人にお金を貸していて、一定期間返済を求めなかったとしたら、友人はお金を返さなくてもよくなるんです。

これを「消滅時効」と言います。

因みに、債権の消滅時効は10年となっています。(民法167条1項)。時効になってしまうと、例え借用書があったとしてもお金は返ってきません。

英語で借用書を書くには

「お金を借りる」という表現を英語で書くと「I owe you」になります。そのため、頭文字を取って、借用書のことを「IOU」なんて言いますよね。

英語を使った借用書の見本は、ネットで見ることができます。「借用書」と「英語」で検索すればヒットします。

ただし、ダウンロードできるテンプレートとなると、中々見つかりにくいようです。

見本であれば、量が豊富だったので、そちらで確認した方がいいかもしれません。

英語の場合でも、日本語と同様に決まった形は無く、「貸主・金額・日付」などをその時の状況に応じて入れる必要があります。

手書きの借用書はアリか?

借用書は手書きでもOKです。

契約書なら、パソコンで作成しなきゃならないんじゃない?と思いがちですが、必要なことさえきちんと書かれていれば、問題ないんです。

ただし、字が消えないようにボールペンなどを使いましょう。

借用書は縦書きでも良いのか

ネットで配布されている借用書のテンプレートや見本を見た人ならわかるかと思いますが、借用書ってほとんどが横書きなんです。

「ひょっとして、縦書きは無効になるの?」という疑問が出たかもしれませんが、借用書は縦書きでも問題ありません。

借用書にまつわるトラブル集

家族にお金を貸したケース

お金を貸す相手が身内だと「いつでも返してもらえるから」と思い油断しがちです。

ですが、親や兄弟に貸したお金が返ってこないケースは非常に多いようです。

高額を貸す場合は公正証書、少額であれば金銭借用書などを用意して、トラブルに備えた方が安全でしょう。

実は、家族にお金を貸してトラブルになるケースは良くあります。

「返済期日が過ぎている」と言っても、家族は何かと理由を付けて返さず、ようやくお金が戻ってきたと思ったら、「またお金が足りなくなった」と言われ貸す羽目に……これが繰り返されると、かなり負担になります。

 

また、家族だと無利息で貸すことも多く、一番お得な借入先になってしまうため、何度もお金を借りにくるケースもあります。

こうなってしまうと相手が家族なだけに「返ってこなかったらどうしよう」という精神的な疲労が貯まってしまうでしょう。

こんな時、金銭借用書があれば、訴訟の証拠品として使えるだけでなく、恐らく気持ちの面でも楽になるかと思います。

抵抗はあるかと思いますが、お金の貸し借りをする際には、たとえ家族でも甘やかさずに借用書を用意することをおススメします。

トラブルになれば、親や兄弟に対しても最後は訴訟で請求するしかないのです。

家族が相手だろうと、お金の貸し借りをすれば契約が成立します。ただし、債権の消滅時効は10年(民法167条)とされていますし、親子間でお金を貸し借りすると「贈与」と見なされる可能性があります。

これは親に貸した場合だけでなく、逆に親から借りた場合や、子どもに貸した場合も同じです。

借用書を用意して、計画的な返済計画を立てておくことをおススメします。

また、贈与だとみなされないためにも、支払い方法を振込にして、ある程度の利子を付けた方が安全です。

振込なら通帳に返済した記録が残るので、贈与でないことの証明になります。金利に関しては、無利息や低すぎる金利だと問題になる可能性があるようです。

借用書の失敗例

せっかく借用書を作っても、書き方を間違えたり法律に違反する内容が入っていたりすると無効になってしまいます。

借用書は自分で作ることができますが、穴の無い完璧な借用書を作るとなると、少し難しいですよね。

安全な借用書を作るには、やはり行政書士などの専門家にアドバイスを貰うのが確実でしょう。

他の章でも少し触れましたが、借用書の文章は、その時の状況によって変わります。親子間でのやり取りや、相手が未成年などの特殊なケースだと、記載する内容も増えてしまいますから、自分で判断できないと思ったときは、専門家への相談も考えた方がいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分ではお金を貸したくないと思っていても、親しい人や身内に頼まれると、中々断るのが難しいものです。

ですが、いくら信頼できる人でも必ずお金が戻ってくるなんて保証は無いので、きちんと借用書を作っておきましょう。

その際には、無効な借用書にならないように確認が必要です。最後までこの記事を読んでくれたあなたなら、大丈夫だとは思いますが、名前や金額だけでなく支払い方法・期日・利息なども決めておかないと、支払いの時にトラブルになる可能性があります。

また、借用書の内容が法律に反していないかチェックも必要ですね。せっかく作っても、使えないのなら意味がありません。

借用書を使う機会が来たら、しっかり書面を確認しておきたいところです。

借用書があれば裁判での強い味方になってくれますし、相手と話し合って内容を決めたのなら、トラブルを避ける役割も果たしてくれるでしょう。

とはいえ、100%裁判で勝てるわけではありませんし、全額を取り戻せるとも限りません。大金のやり取りになるほど、公正証書や専門家の重要性も高くなってきます。状況をきちんと把握して計画的に借用書を作成することがおすすめです。

弁護士費用の安い!東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

借金問題ならとりあえず東京ロータス法律事務所の先生に任せるのが良いでしょう。

債務整理の経験が豊富で、特に任意整理は割安にやってくれます。

安いだけでなく、全国対応してくれるし、休日に相談に行くことも出来るので、ほとんどの人におすすめできる法律事務所です。

「借金返済の催促を止めたい」って急いでいる人は、下の電話番号からお電話してください。すぐに対応してくれます。

0120-124-004

シミュレーターで相談先を教えてくれる「街角法律相談所」

街角法律相談所

 「街角法律相談所」の借金減額シミュレーターは、どこに相談したら良いのか?どんな借金減額、債務整理方法が良いのかわからない人向けです。

ただし、闇金相談がダメだったり、借入先が1社しかない場合は利用できません。

下の詳細ページから使い方を見ながら、利用してください。

ウイズユー司法書士事務所

ウィズユー司法書士事務所

債務整理が得意な司法書士事務所です。

借金が1社当たり140万円以下(借金の総合計はいくら大きくても大丈夫)の人には、かなりおすすめです。 大阪の先生なので、関西方面の方は身近な専門家として相談しやすいと思います。

-借金問題の基礎知識

Copyright© 債務整理ガルガル , 2017 All Rights Reserved.